Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2019.10.12 20:44
マドリード通信
レアル・マドリード入団後、無得点が続くヨヴィッチ
ヨヴィッチ

ヨヴィッチは昨シーズンのフランクフルトでの公式戦48試合27得点というパフォーマンスが高く評価され、今夏6,000万ユーロという高額の移籍金でベンゼマのバックアップ選手としての役割を求められてレアル・マドリードに入団した。

しかしここまで今夏のプレシーズンや代表戦を含め13試合(レアル・マドリード10試合、代表3試合)523分間出場(スタメン出場は8回)しているが、ノーゴールが続き、その期待に全く応えられていないといって言いだろう。

最後にゴールを決めたのはセルビア代表の一員として出場した6月10日のユーロ予選のリトアニア戦。一方、クラブレベルの試合での最後の得点は5月9日に行われた現チームメイトのアザール擁するチェルシーと対戦したヨーロッパリーグ準決勝第2戦だった。

それ以降、6月のU-21欧州選手権のU-21オーストリア、U-21ドイツ、7月のインターナショナルチャンピオンズカップのバイエルン、アーセナル、アトレティコ、8月のセルタ、バジャドリード、9月のビジャレアル、ポルトガル(ユーロ予選)、レバンテ、PSG、オサスナ、アトレティコとの試合に出場しているが、沈黙を続けたままである。

2000年以降、レアル・マドリードではロナウド(ブラジル人)、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドなど、合計でFW15選手がデビュー(カスティージャでデビューし昇格した選手は含まず、ソルダード、モラタ、マリアーノのような出戻り選手は含む)しているが、誰もがヨヴィッチよりも早くゴールを決めている。

その中で最初のゴールに最も時間を擁したのはオーウェンで51日だった。一方、ヨヴィッチは今月19日のマジョルカ戦でゴールを決めた場合でも、63日間かかったことになる。

またクリスティアーノ・ロナウドやマリアーノの初得点はデビュー日、ベンゼマは22日要している。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2019.10.12 20:44
マドリード通信
レアル・マドリード入団後、無得点が続くヨヴィッチ
ヨヴィッチ

ヨヴィッチは昨シーズンのフランクフルトでの公式戦48試合27得点というパフォーマンスが高く評価され、今夏6,000万ユーロという高額の移籍金でベンゼマのバックアップ選手としての役割を求められてレアル・マドリードに入団した。

しかしここまで今夏のプレシーズンや代表戦を含め13試合(レアル・マドリード10試合、代表3試合)523分間出場(スタメン出場は8回)しているが、ノーゴールが続き、その期待に全く応えられていないといって言いだろう。

最後にゴールを決めたのはセルビア代表の一員として出場した6月10日のユーロ予選のリトアニア戦。一方、クラブレベルの試合での最後の得点は5月9日に行われた現チームメイトのアザール擁するチェルシーと対戦したヨーロッパリーグ準決勝第2戦だった。

それ以降、6月のU-21欧州選手権のU-21オーストリア、U-21ドイツ、7月のインターナショナルチャンピオンズカップのバイエルン、アーセナル、アトレティコ、8月のセルタ、バジャドリード、9月のビジャレアル、ポルトガル(ユーロ予選)、レバンテ、PSG、オサスナ、アトレティコとの試合に出場しているが、沈黙を続けたままである。

2000年以降、レアル・マドリードではロナウド(ブラジル人)、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドなど、合計でFW15選手がデビュー(カスティージャでデビューし昇格した選手は含まず、ソルダード、モラタ、マリアーノのような出戻り選手は含む)しているが、誰もがヨヴィッチよりも早くゴールを決めている。

その中で最初のゴールに最も時間を擁したのはオーウェンで51日だった。一方、ヨヴィッチは今月19日のマジョルカ戦でゴールを決めた場合でも、63日間かかったことになる。

またクリスティアーノ・ロナウドやマリアーノの初得点はデビュー日、ベンゼマは22日要している。

  • LINEで送る
#%/element%#
2019.10.12 20:44
マドリード通信
レアル・マドリード入団後、無得点が続くヨヴィッチ
ヨヴィッチ

ヨヴィッチは昨シーズンのフランクフルトでの公式戦48試合27得点というパフォーマンスが高く評価され、今夏6,000万ユーロという高額の移籍金でベンゼマのバックアップ選手としての役割を求められてレアル・マドリードに入団した。

しかしここまで今夏のプレシーズンや代表戦を含め13試合(レアル・マドリード10試合、代表3試合)523分間出場(スタメン出場は8回)しているが、ノーゴールが続き、その期待に全く応えられていないといって言いだろう。

最後にゴールを決めたのはセルビア代表の一員として出場した6月10日のユーロ予選のリトアニア戦。一方、クラブレベルの試合での最後の得点は5月9日に行われた現チームメイトのアザール擁するチェルシーと対戦したヨーロッパリーグ準決勝第2戦だった。

それ以降、6月のU-21欧州選手権のU-21オーストリア、U-21ドイツ、7月のインターナショナルチャンピオンズカップのバイエルン、アーセナル、アトレティコ、8月のセルタ、バジャドリード、9月のビジャレアル、ポルトガル(ユーロ予選)、レバンテ、PSG、オサスナ、アトレティコとの試合に出場しているが、沈黙を続けたままである。

2000年以降、レアル・マドリードではロナウド(ブラジル人)、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドなど、合計でFW15選手がデビュー(カスティージャでデビューし昇格した選手は含まず、ソルダード、モラタ、マリアーノのような出戻り選手は含む)しているが、誰もがヨヴィッチよりも早くゴールを決めている。

その中で最初のゴールに最も時間を擁したのはオーウェンで51日だった。一方、ヨヴィッチは今月19日のマジョルカ戦でゴールを決めた場合でも、63日間かかったことになる。

またクリスティアーノ・ロナウドやマリアーノの初得点はデビュー日、ベンゼマは22日要している。

  • LINEで送る