Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2019.10.04 17:22
マドリード通信
レアル・マドリードの選手の罰金内容が明らかに
ベイル

スペインのテレビ局Cuatroがスポーツ番組内で、レアル・マドリードの内部規則を暴露し、選手たちに対する罰金の一部の詳細を説明した。それは250ユーロ~3,000ユーロとなっているが、選手たちの給料を考えると全く高いものではない。

練習
最も高い罰金は練習欠席で3,000ユーロ。さらにクラブは練習開始45分前には到着するように求めている。5分遅れると250ユーロ、15分遅れると500ユーロ、それ以降は最高で1,000ユーロの罰金となる。

携帯電話
選手が理学療法士とリハビリに取り組んでいる場合の使用は250ユーロ、チームでの移動中やロッカールーム内で使用した場合は500ユーロ~1,000ユーロの罰金。

体重
メディカルチェックで太り過ぎが発覚した場合は250ユーロの罰金となっているが、これが長期に渡り続いた場合や休暇中の起こった場合はさらに罰金が増える可能性がある。

インタビュー

選手はインタビューや広告イベント、旅行に行く場合はクラブの許可が必要となるため、届け出を行わなかった場合は250ユーロ~1,000ユーロの罰金となっている。

その他
ホームゲームで招集外になった選手は試合前にロッカールームに行き、試合中は80分までスタジアムにいなければならない。

選手たちは記者会見やクラブイベントに参加する場合、クラブの公式ウェアを着用する必要がある。

試合前日などの合宿中、訪問者を受け付けてはいけない。

ベイルとイスコ
ベイルは様々な規則を破っている。火曜日に招集外となったホームのクラブ・ブルージュ戦ではサンティアゴ・ベルナベウに試合開始後に到着した。昨シーズンはビジャレアルのスタジアムに携帯でゴルフを見ながら着いていた。

イスコは昨シーズン、招集外になったホームのアヤックス戦前、練習場からベルナベウに移動するチームバスに乗らずに自分の車で移動し、懲戒処分になるところだったが、それをクラブに要求した前監督ソラーリが試合後に解任されたため、イスコは事なきを得ている。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2019.10.04 17:22
マドリード通信
レアル・マドリードの選手の罰金内容が明らかに
ベイル

スペインのテレビ局Cuatroがスポーツ番組内で、レアル・マドリードの内部規則を暴露し、選手たちに対する罰金の一部の詳細を説明した。それは250ユーロ~3,000ユーロとなっているが、選手たちの給料を考えると全く高いものではない。

練習
最も高い罰金は練習欠席で3,000ユーロ。さらにクラブは練習開始45分前には到着するように求めている。5分遅れると250ユーロ、15分遅れると500ユーロ、それ以降は最高で1,000ユーロの罰金となる。

携帯電話
選手が理学療法士とリハビリに取り組んでいる場合の使用は250ユーロ、チームでの移動中やロッカールーム内で使用した場合は500ユーロ~1,000ユーロの罰金。

体重
メディカルチェックで太り過ぎが発覚した場合は250ユーロの罰金となっているが、これが長期に渡り続いた場合や休暇中の起こった場合はさらに罰金が増える可能性がある。

インタビュー

選手はインタビューや広告イベント、旅行に行く場合はクラブの許可が必要となるため、届け出を行わなかった場合は250ユーロ~1,000ユーロの罰金となっている。

その他
ホームゲームで招集外になった選手は試合前にロッカールームに行き、試合中は80分までスタジアムにいなければならない。

選手たちは記者会見やクラブイベントに参加する場合、クラブの公式ウェアを着用する必要がある。

試合前日などの合宿中、訪問者を受け付けてはいけない。

ベイルとイスコ
ベイルは様々な規則を破っている。火曜日に招集外となったホームのクラブ・ブルージュ戦ではサンティアゴ・ベルナベウに試合開始後に到着した。昨シーズンはビジャレアルのスタジアムに携帯でゴルフを見ながら着いていた。

イスコは昨シーズン、招集外になったホームのアヤックス戦前、練習場からベルナベウに移動するチームバスに乗らずに自分の車で移動し、懲戒処分になるところだったが、それをクラブに要求した前監督ソラーリが試合後に解任されたため、イスコは事なきを得ている。

  • LINEで送る
#%/element%#
2019.10.04 17:22
マドリード通信
レアル・マドリードの選手の罰金内容が明らかに
ベイル

スペインのテレビ局Cuatroがスポーツ番組内で、レアル・マドリードの内部規則を暴露し、選手たちに対する罰金の一部の詳細を説明した。それは250ユーロ~3,000ユーロとなっているが、選手たちの給料を考えると全く高いものではない。

練習
最も高い罰金は練習欠席で3,000ユーロ。さらにクラブは練習開始45分前には到着するように求めている。5分遅れると250ユーロ、15分遅れると500ユーロ、それ以降は最高で1,000ユーロの罰金となる。

携帯電話
選手が理学療法士とリハビリに取り組んでいる場合の使用は250ユーロ、チームでの移動中やロッカールーム内で使用した場合は500ユーロ~1,000ユーロの罰金。

体重
メディカルチェックで太り過ぎが発覚した場合は250ユーロの罰金となっているが、これが長期に渡り続いた場合や休暇中の起こった場合はさらに罰金が増える可能性がある。

インタビュー

選手はインタビューや広告イベント、旅行に行く場合はクラブの許可が必要となるため、届け出を行わなかった場合は250ユーロ~1,000ユーロの罰金となっている。

その他
ホームゲームで招集外になった選手は試合前にロッカールームに行き、試合中は80分までスタジアムにいなければならない。

選手たちは記者会見やクラブイベントに参加する場合、クラブの公式ウェアを着用する必要がある。

試合前日などの合宿中、訪問者を受け付けてはいけない。

ベイルとイスコ
ベイルは様々な規則を破っている。火曜日に招集外となったホームのクラブ・ブルージュ戦ではサンティアゴ・ベルナベウに試合開始後に到着した。昨シーズンはビジャレアルのスタジアムに携帯でゴルフを見ながら着いていた。

イスコは昨シーズン、招集外になったホームのアヤックス戦前、練習場からベルナベウに移動するチームバスに乗らずに自分の車で移動し、懲戒処分になるところだったが、それをクラブに要求した前監督ソラーリが試合後に解任されたため、イスコは事なきを得ている。

  • LINEで送る