Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2019.09.10 15:17
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:「チームは勝つことに飽きてはいない」
セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスがイギリス紙Daily Mailのインタビューに答え、現在のチームについて次のように語っていた。

「長き勝者の流れの後、僕たちは違う場所に辿り着いた。勝ち続けることは止まったが、チームはそれをすることに飽きてはいない。それは起こったことなので再出発する必要がある。今、僕たちは新たな選手たちを迎えているし、常に勝利候補だ。そしてここでは毎年勝つことが義務づけられている。悪いシーズンの後、僕たちは立ち上がらなければいけないし、タイトルにより飢えている。僕は今シーズン、もし自分たちが最初から素晴らしいパフォーマンスを見せられれば、いいものになると思っているよ」とコメントした。

残留を決め幸先の良いスタートを切っているベイルについては「素晴らしい選手であるし、僕たちと一緒にいた年月の間、クラブにとって鍵を握っていた。メディアでは彼について多くものを読むことができる。いくつかは本当だけど、他はそうではない。でもそれは僕たちの世界の一部なので、僕たちはその上にいなければいけない。もしガレスについて言われていることを見ると、私生活でやっていることに関係なく、時間が全員をそれぞれ自分の居場所に導いてくれると思うし、彼は尊敬されるべきだ。僕たちは自由な時間に好きなことをできるからね。もちろんプロフェッショナルとして、できる限り最高のプロフェッショナルになれるように自分のチームで努めなければいけない。その後で、落ち着いた良心を持って家に帰るかは各々次第だよ」と言及した。

ジダンについては「彼は同じ人間であり続けている。監督としての本質を維持しているし、さらにより経験を積んでいる」と以前と変わりがないことを強調した。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2019.09.10 15:17
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:「チームは勝つことに飽きてはいない」
セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスがイギリス紙Daily Mailのインタビューに答え、現在のチームについて次のように語っていた。

「長き勝者の流れの後、僕たちは違う場所に辿り着いた。勝ち続けることは止まったが、チームはそれをすることに飽きてはいない。それは起こったことなので再出発する必要がある。今、僕たちは新たな選手たちを迎えているし、常に勝利候補だ。そしてここでは毎年勝つことが義務づけられている。悪いシーズンの後、僕たちは立ち上がらなければいけないし、タイトルにより飢えている。僕は今シーズン、もし自分たちが最初から素晴らしいパフォーマンスを見せられれば、いいものになると思っているよ」とコメントした。

残留を決め幸先の良いスタートを切っているベイルについては「素晴らしい選手であるし、僕たちと一緒にいた年月の間、クラブにとって鍵を握っていた。メディアでは彼について多くものを読むことができる。いくつかは本当だけど、他はそうではない。でもそれは僕たちの世界の一部なので、僕たちはその上にいなければいけない。もしガレスについて言われていることを見ると、私生活でやっていることに関係なく、時間が全員をそれぞれ自分の居場所に導いてくれると思うし、彼は尊敬されるべきだ。僕たちは自由な時間に好きなことをできるからね。もちろんプロフェッショナルとして、できる限り最高のプロフェッショナルになれるように自分のチームで努めなければいけない。その後で、落ち着いた良心を持って家に帰るかは各々次第だよ」と言及した。

ジダンについては「彼は同じ人間であり続けている。監督としての本質を維持しているし、さらにより経験を積んでいる」と以前と変わりがないことを強調した。

  • LINEで送る
#%/element%#
2019.09.10 15:17
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:「チームは勝つことに飽きてはいない」
セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスがイギリス紙Daily Mailのインタビューに答え、現在のチームについて次のように語っていた。

「長き勝者の流れの後、僕たちは違う場所に辿り着いた。勝ち続けることは止まったが、チームはそれをすることに飽きてはいない。それは起こったことなので再出発する必要がある。今、僕たちは新たな選手たちを迎えているし、常に勝利候補だ。そしてここでは毎年勝つことが義務づけられている。悪いシーズンの後、僕たちは立ち上がらなければいけないし、タイトルにより飢えている。僕は今シーズン、もし自分たちが最初から素晴らしいパフォーマンスを見せられれば、いいものになると思っているよ」とコメントした。

残留を決め幸先の良いスタートを切っているベイルについては「素晴らしい選手であるし、僕たちと一緒にいた年月の間、クラブにとって鍵を握っていた。メディアでは彼について多くものを読むことができる。いくつかは本当だけど、他はそうではない。でもそれは僕たちの世界の一部なので、僕たちはその上にいなければいけない。もしガレスについて言われていることを見ると、私生活でやっていることに関係なく、時間が全員をそれぞれ自分の居場所に導いてくれると思うし、彼は尊敬されるべきだ。僕たちは自由な時間に好きなことをできるからね。もちろんプロフェッショナルとして、できる限り最高のプロフェッショナルになれるように自分のチームで努めなければいけない。その後で、落ち着いた良心を持って家に帰るかは各々次第だよ」と言及した。

ジダンについては「彼は同じ人間であり続けている。監督としての本質を維持しているし、さらにより経験を積んでいる」と以前と変わりがないことを強調した。

  • LINEで送る