Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2019.09.09 17:07
マドリード通信
レアル・マドリード監督陣、今季の生き残りはラウールのみ
ライブレアルマドリード

昨シーズンのスタート時、レアル・マドリードの各カテゴリーの監督には元マドリーの選手たちが5人もいた。しかし今シーズン、カスティージャの監督を務めるのはラウール1人のみとなっている。

2018/19シーズン開始時、トップチームはロペテギが指揮した。しかし成績不振のため昨年10月30日に解任されている。

カスティージャ監督はソラーリだったが、早々にロペテギの後を継いでトップチーム監督に就任した。しかしリーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ優勝の可能性を短期間で失ったため、今年3月にジダンと交代している。

アルバロ・ベニートはフベニールB(高校生年代)の監督を務めていたが、カゼミーロとクロースのプレーを批判したことにより、3月1日に解任された。

ラウールはカデテB(中学生年代)で監督デビューを果たした。その後、アルベルト・ベニートの後釜として途中からフベニールB監督に就任。そして今シーズン、カスティージャの監督にステップアップし、将来はジダンの道筋を辿り、トップチーム監督就任を求める声も上がっている。

シャビ・アロンソもラウール同様、インファンティルA(小学生年代)で監督人生をスタート。しかし今夏、古巣のレアル・ソシエダのカンテラスタッフのオファーを受け入れた。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2019.09.09 17:07
マドリード通信
レアル・マドリード監督陣、今季の生き残りはラウールのみ
ライブレアルマドリード

昨シーズンのスタート時、レアル・マドリードの各カテゴリーの監督には元マドリーの選手たちが5人もいた。しかし今シーズン、カスティージャの監督を務めるのはラウール1人のみとなっている。

2018/19シーズン開始時、トップチームはロペテギが指揮した。しかし成績不振のため昨年10月30日に解任されている。

カスティージャ監督はソラーリだったが、早々にロペテギの後を継いでトップチーム監督に就任した。しかしリーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ優勝の可能性を短期間で失ったため、今年3月にジダンと交代している。

アルバロ・ベニートはフベニールB(高校生年代)の監督を務めていたが、カゼミーロとクロースのプレーを批判したことにより、3月1日に解任された。

ラウールはカデテB(中学生年代)で監督デビューを果たした。その後、アルベルト・ベニートの後釜として途中からフベニールB監督に就任。そして今シーズン、カスティージャの監督にステップアップし、将来はジダンの道筋を辿り、トップチーム監督就任を求める声も上がっている。

シャビ・アロンソもラウール同様、インファンティルA(小学生年代)で監督人生をスタート。しかし今夏、古巣のレアル・ソシエダのカンテラスタッフのオファーを受け入れた。

  • LINEで送る
#%/element%#
2019.09.09 17:07
マドリード通信
レアル・マドリード監督陣、今季の生き残りはラウールのみ
ライブレアルマドリード

昨シーズンのスタート時、レアル・マドリードの各カテゴリーの監督には元マドリーの選手たちが5人もいた。しかし今シーズン、カスティージャの監督を務めるのはラウール1人のみとなっている。

2018/19シーズン開始時、トップチームはロペテギが指揮した。しかし成績不振のため昨年10月30日に解任されている。

カスティージャ監督はソラーリだったが、早々にロペテギの後を継いでトップチーム監督に就任した。しかしリーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ優勝の可能性を短期間で失ったため、今年3月にジダンと交代している。

アルバロ・ベニートはフベニールB(高校生年代)の監督を務めていたが、カゼミーロとクロースのプレーを批判したことにより、3月1日に解任された。

ラウールはカデテB(中学生年代)で監督デビューを果たした。その後、アルベルト・ベニートの後釜として途中からフベニールB監督に就任。そして今シーズン、カスティージャの監督にステップアップし、将来はジダンの道筋を辿り、トップチーム監督就任を求める声も上がっている。

シャビ・アロンソもラウール同様、インファンティルA(小学生年代)で監督人生をスタート。しかし今夏、古巣のレアル・ソシエダのカンテラスタッフのオファーを受け入れた。

  • LINEで送る