Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2019.06.08 17:36
マドリード通信
12番目の“ガラクティコ”
ライブレアルマドリード

エデン・アザールの入団がようやく決定した。移籍金は報じられていた通り1億ユーロプラスボーナスになるとのことだが、アザールの契約発表が遅れた理由は両クラブ間でボーナスの金額で合意に達するのに時間がかかったためである。チェルシーは当初、最大5,000万ユーロを求めていた。

チェルシーに支払われるボーナスの内容は、マドリーがチャンピオンズリーグ出場権を獲得するという容易なものからアザールのバロンドール獲得という難しいものまで様々なものが含まれており、最大で3,000万ユーロに達する。これが支払われた時、アザールはクラブ史上の移籍金最高額選手となる。

アザールはフロレンティーノ・ペレス会長が獲得した12番目の“ガラクティコ(銀河系の選手)”となった。全てはフロレンティーノ・ペレスがマドリー会長に就任した2000年にスタート。フィーゴが会長就任の目玉選手としてバルセロナから移籍金6,000万ユーロで禁断の移籍を果たし、最初の“ガラクティコ”になったのである。続いてジダンが7,800万ユーロ、ロナウドが4,500万ユーロ、ベッカムが3,500万ユーロ、オーウェンが1,200万ユーロ、ロビーニョが2,500万ユーロで入団している。

さらにフロレンティーノ・ペレスがマドリー会長復帰を果たした2009年にクリスティアーノ・ロナウドを9,600万ユーロ、カカーを6,500万ユーロ、現在のエースであるベンゼマを3,500万ユーロで獲得した。そして現在の移籍金最高額選手であるベイルが2013年に1億100万ユーロ、これまで最後の“ガラクティコ”になっていたハメスが2014年に7,500万ユーロでマドリーに入団した。

5年ぶりにマドリーにやって来た“ガラクティコ”アザールは今度の木曜日、マドリーの選手として初めてサポーターにユニフォーム姿をお披露目し、サンティアゴ・ベルナベウの芝生を踏むことになる。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2019.06.08 17:36
マドリード通信
12番目の“ガラクティコ”
ライブレアルマドリード

エデン・アザールの入団がようやく決定した。移籍金は報じられていた通り1億ユーロプラスボーナスになるとのことだが、アザールの契約発表が遅れた理由は両クラブ間でボーナスの金額で合意に達するのに時間がかかったためである。チェルシーは当初、最大5,000万ユーロを求めていた。

チェルシーに支払われるボーナスの内容は、マドリーがチャンピオンズリーグ出場権を獲得するという容易なものからアザールのバロンドール獲得という難しいものまで様々なものが含まれており、最大で3,000万ユーロに達する。これが支払われた時、アザールはクラブ史上の移籍金最高額選手となる。

アザールはフロレンティーノ・ペレス会長が獲得した12番目の“ガラクティコ(銀河系の選手)”となった。全てはフロレンティーノ・ペレスがマドリー会長に就任した2000年にスタート。フィーゴが会長就任の目玉選手としてバルセロナから移籍金6,000万ユーロで禁断の移籍を果たし、最初の“ガラクティコ”になったのである。続いてジダンが7,800万ユーロ、ロナウドが4,500万ユーロ、ベッカムが3,500万ユーロ、オーウェンが1,200万ユーロ、ロビーニョが2,500万ユーロで入団している。

さらにフロレンティーノ・ペレスがマドリー会長復帰を果たした2009年にクリスティアーノ・ロナウドを9,600万ユーロ、カカーを6,500万ユーロ、現在のエースであるベンゼマを3,500万ユーロで獲得した。そして現在の移籍金最高額選手であるベイルが2013年に1億100万ユーロ、これまで最後の“ガラクティコ”になっていたハメスが2014年に7,500万ユーロでマドリーに入団した。

5年ぶりにマドリーにやって来た“ガラクティコ”アザールは今度の木曜日、マドリーの選手として初めてサポーターにユニフォーム姿をお披露目し、サンティアゴ・ベルナベウの芝生を踏むことになる。

  • LINEで送る
#%/element%#
2019.06.08 17:36
マドリード通信
12番目の“ガラクティコ”
ライブレアルマドリード

エデン・アザールの入団がようやく決定した。移籍金は報じられていた通り1億ユーロプラスボーナスになるとのことだが、アザールの契約発表が遅れた理由は両クラブ間でボーナスの金額で合意に達するのに時間がかかったためである。チェルシーは当初、最大5,000万ユーロを求めていた。

チェルシーに支払われるボーナスの内容は、マドリーがチャンピオンズリーグ出場権を獲得するという容易なものからアザールのバロンドール獲得という難しいものまで様々なものが含まれており、最大で3,000万ユーロに達する。これが支払われた時、アザールはクラブ史上の移籍金最高額選手となる。

アザールはフロレンティーノ・ペレス会長が獲得した12番目の“ガラクティコ(銀河系の選手)”となった。全てはフロレンティーノ・ペレスがマドリー会長に就任した2000年にスタート。フィーゴが会長就任の目玉選手としてバルセロナから移籍金6,000万ユーロで禁断の移籍を果たし、最初の“ガラクティコ”になったのである。続いてジダンが7,800万ユーロ、ロナウドが4,500万ユーロ、ベッカムが3,500万ユーロ、オーウェンが1,200万ユーロ、ロビーニョが2,500万ユーロで入団している。

さらにフロレンティーノ・ペレスがマドリー会長復帰を果たした2009年にクリスティアーノ・ロナウドを9,600万ユーロ、カカーを6,500万ユーロ、現在のエースであるベンゼマを3,500万ユーロで獲得した。そして現在の移籍金最高額選手であるベイルが2013年に1億100万ユーロ、これまで最後の“ガラクティコ”になっていたハメスが2014年に7,500万ユーロでマドリーに入団した。

5年ぶりにマドリーにやって来た“ガラクティコ”アザールは今度の木曜日、マドリーの選手として初めてサポーターにユニフォーム姿をお披露目し、サンティアゴ・ベルナベウの芝生を踏むことになる。

  • LINEで送る