Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2018.06.15 04:44
記者会見
フロレンティーノ・ペレス会長:W杯後に就任会見を行いたかった
フロレンティーノ・ペレス会長:W杯後に就任会見を行いたかった

ロペテギ会見で就任の経緯を語ったフロレンティーノ・ペレス会長。

 

フロレンティーノ・ペレス会長

W杯後に会見を行いたかったが、いろいろなことがあり今この場でやることになったが、新しいサークルを始める強い思いを持っている。
マドリードのことを完璧にわかっている人物を紹介できることに大きな満足感を持っている。

 

今日がジュレンにとって思いが反対の日であることはわかっている。
なぜなら監督はW杯を指揮することを夢見ていたし、2つの大きな夢を持っていた。それは完璧に理解できるものだ。
スペイン代表としてW杯を勝つこととレアル・マドリードの監督になること。
マドリードとジュレンはW杯後の自由契約において合意をしていた。だが発表はW杯前にすべきだと思った。

 

サッカーの歴史から言っても今回の合意が不誠実だったことはない。
僅かな時間で合意に達し、透明性の活動から出来るだけ早く発表することを決めた。
W杯中にこの話が漏れて代表に影響することは望まなかった。

 

今回の就任発表は通常の発表にならなければいけなかったが、誇りあるべきものが誤解に変わっていった。
過去にも多くの代表監督がクラブ監督に大会前に就任したり大会中に就任を発表することがあった。
だが、それは一度もレアル・マドリードがしたわけではない。
ともかく最も大事なのはマドリディスモのユニオンを考えること。
私達は私達のイメージを落とし込もうとするものに対してしっかりと働かないといけない。

 

今でも理解が出来ていない。
この合意がなぜスペイン代表のロッカールームを壊すものだといわれているかだ。全く影響がなかったと思っている。
ロベテギが明日のスペイン代表のベンチにいない正当な理由が一つもあったとは思えない。

 

ジュレンは我々の監督であり、彼の夢は情熱的な挑戦をすることにある。
今ここにいることを感謝しているし、あなたの家、レアル・マドリードに来たことを歓迎する。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2018.06.15 04:44
記者会見
フロレンティーノ・ペレス会長:W杯後に就任会見を行いたかった
フロレンティーノ・ペレス会長:W杯後に就任会見を行いたかった

ロペテギ会見で就任の経緯を語ったフロレンティーノ・ペレス会長。

 

フロレンティーノ・ペレス会長

W杯後に会見を行いたかったが、いろいろなことがあり今この場でやることになったが、新しいサークルを始める強い思いを持っている。
マドリードのことを完璧にわかっている人物を紹介できることに大きな満足感を持っている。

 

今日がジュレンにとって思いが反対の日であることはわかっている。
なぜなら監督はW杯を指揮することを夢見ていたし、2つの大きな夢を持っていた。それは完璧に理解できるものだ。
スペイン代表としてW杯を勝つこととレアル・マドリードの監督になること。
マドリードとジュレンはW杯後の自由契約において合意をしていた。だが発表はW杯前にすべきだと思った。

 

サッカーの歴史から言っても今回の合意が不誠実だったことはない。
僅かな時間で合意に達し、透明性の活動から出来るだけ早く発表することを決めた。
W杯中にこの話が漏れて代表に影響することは望まなかった。

 

今回の就任発表は通常の発表にならなければいけなかったが、誇りあるべきものが誤解に変わっていった。
過去にも多くの代表監督がクラブ監督に大会前に就任したり大会中に就任を発表することがあった。
だが、それは一度もレアル・マドリードがしたわけではない。
ともかく最も大事なのはマドリディスモのユニオンを考えること。
私達は私達のイメージを落とし込もうとするものに対してしっかりと働かないといけない。

 

今でも理解が出来ていない。
この合意がなぜスペイン代表のロッカールームを壊すものだといわれているかだ。全く影響がなかったと思っている。
ロベテギが明日のスペイン代表のベンチにいない正当な理由が一つもあったとは思えない。

 

ジュレンは我々の監督であり、彼の夢は情熱的な挑戦をすることにある。
今ここにいることを感謝しているし、あなたの家、レアル・マドリードに来たことを歓迎する。

  • LINEで送る
#%/element%#
2018.06.15 04:44
記者会見
フロレンティーノ・ペレス会長:W杯後に就任会見を行いたかった
フロレンティーノ・ペレス会長:W杯後に就任会見を行いたかった

ロペテギ会見で就任の経緯を語ったフロレンティーノ・ペレス会長。

 

フロレンティーノ・ペレス会長

W杯後に会見を行いたかったが、いろいろなことがあり今この場でやることになったが、新しいサークルを始める強い思いを持っている。
マドリードのことを完璧にわかっている人物を紹介できることに大きな満足感を持っている。

 

今日がジュレンにとって思いが反対の日であることはわかっている。
なぜなら監督はW杯を指揮することを夢見ていたし、2つの大きな夢を持っていた。それは完璧に理解できるものだ。
スペイン代表としてW杯を勝つこととレアル・マドリードの監督になること。
マドリードとジュレンはW杯後の自由契約において合意をしていた。だが発表はW杯前にすべきだと思った。

 

サッカーの歴史から言っても今回の合意が不誠実だったことはない。
僅かな時間で合意に達し、透明性の活動から出来るだけ早く発表することを決めた。
W杯中にこの話が漏れて代表に影響することは望まなかった。

 

今回の就任発表は通常の発表にならなければいけなかったが、誇りあるべきものが誤解に変わっていった。
過去にも多くの代表監督がクラブ監督に大会前に就任したり大会中に就任を発表することがあった。
だが、それは一度もレアル・マドリードがしたわけではない。
ともかく最も大事なのはマドリディスモのユニオンを考えること。
私達は私達のイメージを落とし込もうとするものに対してしっかりと働かないといけない。

 

今でも理解が出来ていない。
この合意がなぜスペイン代表のロッカールームを壊すものだといわれているかだ。全く影響がなかったと思っている。
ロベテギが明日のスペイン代表のベンチにいない正当な理由が一つもあったとは思えない。

 

ジュレンは我々の監督であり、彼の夢は情熱的な挑戦をすることにある。
今ここにいることを感謝しているし、あなたの家、レアル・マドリードに来たことを歓迎する。

  • LINEで送る