Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2017.12.12 21:33
マドリード通信
マルセロ:自分はDFだけど、攻撃をするのが好き
マルセロ

FIFAのインタビューを受けたマルセロ。

 

マルセロ

プレッシャー

キャリアを始めた頃はプレッシャーに付き合うのに少し苦労したけど、今はプレシャーがなければ情熱的なものはない。

 

現在

サッカーはすぐに忘れられてしまうし、自分にとってタイトルはいつも重要だしそのための戦いをしている。

 

オフェンシブなメンタル

自分はDFだけど、攻撃をするのが好き。

 

息子

疲れて家に帰るし、一緒に毎日遊べない。GKをするだけだね。

 

若手

レアル・マドリード入団した時にロベルト・カルロスは自分の力にたくさんなってくれた。若手に関して同じことをしたい。何故なら1920歳で、マドリードでプレーをすることは簡単ではない。自分もそれを体験したしロベルト・カルロス、セルヒオ・ラモス、カシージャス、サルガド、ファン・ニステルローイが力になってくれた。

 

3度目のW

一つの挑戦だけど他のチームのことは考えない。自分たちは自分たちのプレーをするだけ。

 

1試合1試合

まずは準決勝、決勝を考えるにはまず準決勝を勝たないといけない。自分たちのゴールは大事な大会であるクラブW杯を勝つこと。けど、1試合1試合戦っていかないといけない。自分たちが勝つとか決勝でプレーするとかはいえない。どのチームにも敬意を払わないといけないし、相手が自分たちに敬意を払うようにだ。タイトルを勝つために全力を尽くさないといけない。

 

難しい

物事に簡単なことはないしサッカーならなおさらだ。クラブW杯を2度戦って2度勝った。けど、どちらもとても難しかった。マドリードにとってアドバンテージはない。長い間ここでプレーをしているけど、全て難しいものだった。多くのタイトルを獲得していたけどその裏には多くの努力がある。

 

グレミオ

自分にとってリベルタドーレス杯というとても難しい大会に勝ち、クラブW杯出場をブラジルのチームが決めたことは誇りなこと。決勝でグレミオと戦いたい気もちで一杯。凄いことだね。

 

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2017.12.12 21:33
マドリード通信
マルセロ:自分はDFだけど、攻撃をするのが好き
マルセロ

FIFAのインタビューを受けたマルセロ。

 

マルセロ

プレッシャー

キャリアを始めた頃はプレッシャーに付き合うのに少し苦労したけど、今はプレシャーがなければ情熱的なものはない。

 

現在

サッカーはすぐに忘れられてしまうし、自分にとってタイトルはいつも重要だしそのための戦いをしている。

 

オフェンシブなメンタル

自分はDFだけど、攻撃をするのが好き。

 

息子

疲れて家に帰るし、一緒に毎日遊べない。GKをするだけだね。

 

若手

レアル・マドリード入団した時にロベルト・カルロスは自分の力にたくさんなってくれた。若手に関して同じことをしたい。何故なら1920歳で、マドリードでプレーをすることは簡単ではない。自分もそれを体験したしロベルト・カルロス、セルヒオ・ラモス、カシージャス、サルガド、ファン・ニステルローイが力になってくれた。

 

3度目のW

一つの挑戦だけど他のチームのことは考えない。自分たちは自分たちのプレーをするだけ。

 

1試合1試合

まずは準決勝、決勝を考えるにはまず準決勝を勝たないといけない。自分たちのゴールは大事な大会であるクラブW杯を勝つこと。けど、1試合1試合戦っていかないといけない。自分たちが勝つとか決勝でプレーするとかはいえない。どのチームにも敬意を払わないといけないし、相手が自分たちに敬意を払うようにだ。タイトルを勝つために全力を尽くさないといけない。

 

難しい

物事に簡単なことはないしサッカーならなおさらだ。クラブW杯を2度戦って2度勝った。けど、どちらもとても難しかった。マドリードにとってアドバンテージはない。長い間ここでプレーをしているけど、全て難しいものだった。多くのタイトルを獲得していたけどその裏には多くの努力がある。

 

グレミオ

自分にとってリベルタドーレス杯というとても難しい大会に勝ち、クラブW杯出場をブラジルのチームが決めたことは誇りなこと。決勝でグレミオと戦いたい気もちで一杯。凄いことだね。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。

#%/element%#
2017.12.12 21:33
マドリード通信
マルセロ:自分はDFだけど、攻撃をするのが好き
マルセロ

FIFAのインタビューを受けたマルセロ。

 

マルセロ

プレッシャー

キャリアを始めた頃はプレッシャーに付き合うのに少し苦労したけど、今はプレシャーがなければ情熱的なものはない。

 

現在

サッカーはすぐに忘れられてしまうし、自分にとってタイトルはいつも重要だしそのための戦いをしている。

 

オフェンシブなメンタル

自分はDFだけど、攻撃をするのが好き。

 

息子

疲れて家に帰るし、一緒に毎日遊べない。GKをするだけだね。

 

若手

レアル・マドリード入団した時にロベルト・カルロスは自分の力にたくさんなってくれた。若手に関して同じことをしたい。何故なら1920歳で、マドリードでプレーをすることは簡単ではない。自分もそれを体験したしロベルト・カルロス、セルヒオ・ラモス、カシージャス、サルガド、ファン・ニステルローイが力になってくれた。

 

3度目のW

一つの挑戦だけど他のチームのことは考えない。自分たちは自分たちのプレーをするだけ。

 

1試合1試合

まずは準決勝、決勝を考えるにはまず準決勝を勝たないといけない。自分たちのゴールは大事な大会であるクラブW杯を勝つこと。けど、1試合1試合戦っていかないといけない。自分たちが勝つとか決勝でプレーするとかはいえない。どのチームにも敬意を払わないといけないし、相手が自分たちに敬意を払うようにだ。タイトルを勝つために全力を尽くさないといけない。

 

難しい

物事に簡単なことはないしサッカーならなおさらだ。クラブW杯を2度戦って2度勝った。けど、どちらもとても難しかった。マドリードにとってアドバンテージはない。長い間ここでプレーをしているけど、全て難しいものだった。多くのタイトルを獲得していたけどその裏には多くの努力がある。

 

グレミオ

自分にとってリベルタドーレス杯というとても難しい大会に勝ち、クラブW杯出場をブラジルのチームが決めたことは誇りなこと。決勝でグレミオと戦いたい気もちで一杯。凄いことだね。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。