Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.07.12 19:00
マドリード通信
ルーカス・バスケス、来季に向けて新たな道を発見
ルーカス

スペイン紙MARCAがアラベス戦で右サイドバックを務めたルーカス・バスケスが新たに生きる道を見つけたことを伝えている。

ルーカスは今シーズン、出場機会に恵まれていなかったが、様々なアクシデントが重なり、シーズン終盤のこの局面で再び脚光を浴びる機会がやってきた。

前節アラベス戦、カルバハル、マルセロ、セルヒオ・ラモスが出場停止、ナチョが怪我のため、トップチームの中でジダンには、本来右ウイングのルーカスしか右サイドバックで起用できるオプションがなかった。しかしルーカスにとって同ポジションでのプレーは初めてではなく、ベニテス監督時代の2015年に始まっていた。

ルーカスはアラベスの攻撃陣に苦しめられたが、ジダンの期待に見事応え、フル出場してチームの5試合連続無失点に貢献した。また試合後には同ポジションでのプレーについて「快適だった」とコメントしている。

ルーカスの契約は2021年6月30日までと1年を切り、ロックダウン中は退団の可能性も報じられた。しかしジダンにとってルーカスは常に信頼を置いてきたユーティリティプレーヤーであり、クラブもその貢献度を高く評価しているという。

さらにクラブはすでにアクラフをインテル・ミラノの売却し、バイエルン・ミュンヘンにレンタル中のオドリオソラも今夏のメルカドで放出される可能性が高くなっている。そのため来シーズン、状況に応じてルーカスがアラベス戦のようにカルバハルのバックアップとして起用される可能性があるとMARCAは見ている。

ルーカスにはナチョよりも頻繁に攻撃参加し、長い距離を走れるという利点がある。そのためジダンは絶対的なレギュラーのカルバハルに何かあった際、より攻撃的にプレーすることを望む時、右サイドバックのオプションにルーカスを再び携える可能性がある。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.07.12 19:00
マドリード通信
ルーカス・バスケス、来季に向けて新たな道を発見
ルーカス

スペイン紙MARCAがアラベス戦で右サイドバックを務めたルーカス・バスケスが新たに生きる道を見つけたことを伝えている。

ルーカスは今シーズン、出場機会に恵まれていなかったが、様々なアクシデントが重なり、シーズン終盤のこの局面で再び脚光を浴びる機会がやってきた。

前節アラベス戦、カルバハル、マルセロ、セルヒオ・ラモスが出場停止、ナチョが怪我のため、トップチームの中でジダンには、本来右ウイングのルーカスしか右サイドバックで起用できるオプションがなかった。しかしルーカスにとって同ポジションでのプレーは初めてではなく、ベニテス監督時代の2015年に始まっていた。

ルーカスはアラベスの攻撃陣に苦しめられたが、ジダンの期待に見事応え、フル出場してチームの5試合連続無失点に貢献した。また試合後には同ポジションでのプレーについて「快適だった」とコメントしている。

ルーカスの契約は2021年6月30日までと1年を切り、ロックダウン中は退団の可能性も報じられた。しかしジダンにとってルーカスは常に信頼を置いてきたユーティリティプレーヤーであり、クラブもその貢献度を高く評価しているという。

さらにクラブはすでにアクラフをインテル・ミラノの売却し、バイエルン・ミュンヘンにレンタル中のオドリオソラも今夏のメルカドで放出される可能性が高くなっている。そのため来シーズン、状況に応じてルーカスがアラベス戦のようにカルバハルのバックアップとして起用される可能性があるとMARCAは見ている。

ルーカスにはナチョよりも頻繁に攻撃参加し、長い距離を走れるという利点がある。そのためジダンは絶対的なレギュラーのカルバハルに何かあった際、より攻撃的にプレーすることを望む時、右サイドバックのオプションにルーカスを再び携える可能性がある。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.07.12 19:00
マドリード通信
ルーカス・バスケス、来季に向けて新たな道を発見
ルーカス

スペイン紙MARCAがアラベス戦で右サイドバックを務めたルーカス・バスケスが新たに生きる道を見つけたことを伝えている。

ルーカスは今シーズン、出場機会に恵まれていなかったが、様々なアクシデントが重なり、シーズン終盤のこの局面で再び脚光を浴びる機会がやってきた。

前節アラベス戦、カルバハル、マルセロ、セルヒオ・ラモスが出場停止、ナチョが怪我のため、トップチームの中でジダンには、本来右ウイングのルーカスしか右サイドバックで起用できるオプションがなかった。しかしルーカスにとって同ポジションでのプレーは初めてではなく、ベニテス監督時代の2015年に始まっていた。

ルーカスはアラベスの攻撃陣に苦しめられたが、ジダンの期待に見事応え、フル出場してチームの5試合連続無失点に貢献した。また試合後には同ポジションでのプレーについて「快適だった」とコメントしている。

ルーカスの契約は2021年6月30日までと1年を切り、ロックダウン中は退団の可能性も報じられた。しかしジダンにとってルーカスは常に信頼を置いてきたユーティリティプレーヤーであり、クラブもその貢献度を高く評価しているという。

さらにクラブはすでにアクラフをインテル・ミラノの売却し、バイエルン・ミュンヘンにレンタル中のオドリオソラも今夏のメルカドで放出される可能性が高くなっている。そのため来シーズン、状況に応じてルーカスがアラベス戦のようにカルバハルのバックアップとして起用される可能性があるとMARCAは見ている。

ルーカスにはナチョよりも頻繁に攻撃参加し、長い距離を走れるという利点がある。そのためジダンは絶対的なレギュラーのカルバハルに何かあった際、より攻撃的にプレーすることを望む時、右サイドバックのオプションにルーカスを再び携える可能性がある。

  • LINEで送る