Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2020.01.14 17:49
マドリード通信
セルヒオ・ラモス、18本連続でPK成功
セルヒオ・ラモス

スーペルコパ決勝アトレティコ戦のPK戦で4番目のキッカーを務め、足首に問題を抱えながら見事チームを優勝に導いたセルヒオ・ラモス。クリスティアーノ・ロナウド退団後、レアル・マドリードのPKの第1キッカーに任命されているが、クラブと代表でここ18本連続で決め続け、スペシャリストであることを証明している。

ラモスが最後にPKを外したのは2018年5月9日のセビージャ戦。古巣サポーターからいつも通り憎しみ混じりの激しいブーイングを浴び続けた中、キックをクロスバーに当てていた。

それ以降、同じ試合の95分にPKを決めてからというもの、ラモスは1年半以上失敗することなく18本連続でPKでゴールネットを揺らし続けている。

その間、クラブで13本、代表で5本決めているが、パネンカでのゴールは6回あった。またオブラク(アトレティコ)とクエジャール(レガネス)から最多3ゴールを決めている。そしてPK戦はロシアワールドカップのロシア戦と今回のアトレティコ戦の2回あった。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2020.01.14 17:49
マドリード通信
セルヒオ・ラモス、18本連続でPK成功
セルヒオ・ラモス

スーペルコパ決勝アトレティコ戦のPK戦で4番目のキッカーを務め、足首に問題を抱えながら見事チームを優勝に導いたセルヒオ・ラモス。クリスティアーノ・ロナウド退団後、レアル・マドリードのPKの第1キッカーに任命されているが、クラブと代表でここ18本連続で決め続け、スペシャリストであることを証明している。

ラモスが最後にPKを外したのは2018年5月9日のセビージャ戦。古巣サポーターからいつも通り憎しみ混じりの激しいブーイングを浴び続けた中、キックをクロスバーに当てていた。

それ以降、同じ試合の95分にPKを決めてからというもの、ラモスは1年半以上失敗することなく18本連続でPKでゴールネットを揺らし続けている。

その間、クラブで13本、代表で5本決めているが、パネンカでのゴールは6回あった。またオブラク(アトレティコ)とクエジャール(レガネス)から最多3ゴールを決めている。そしてPK戦はロシアワールドカップのロシア戦と今回のアトレティコ戦の2回あった。

  • LINEで送る
#%/element%#
2020.01.14 17:49
マドリード通信
セルヒオ・ラモス、18本連続でPK成功
セルヒオ・ラモス

スーペルコパ決勝アトレティコ戦のPK戦で4番目のキッカーを務め、足首に問題を抱えながら見事チームを優勝に導いたセルヒオ・ラモス。クリスティアーノ・ロナウド退団後、レアル・マドリードのPKの第1キッカーに任命されているが、クラブと代表でここ18本連続で決め続け、スペシャリストであることを証明している。

ラモスが最後にPKを外したのは2018年5月9日のセビージャ戦。古巣サポーターからいつも通り憎しみ混じりの激しいブーイングを浴び続けた中、キックをクロスバーに当てていた。

それ以降、同じ試合の95分にPKを決めてからというもの、ラモスは1年半以上失敗することなく18本連続でPKでゴールネットを揺らし続けている。

その間、クラブで13本、代表で5本決めているが、パネンカでのゴールは6回あった。またオブラク(アトレティコ)とクエジャール(レガネス)から最多3ゴールを決めている。そしてPK戦はロシアワールドカップのロシア戦と今回のアトレティコ戦の2回あった。

  • LINEで送る