Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2019.03.12 08:57
マドリード通信
ジダン就任会見:復帰を決めたのは会長から電話があったから、会長もこのクラブのことも好きだったから
ジダン就任会見:復帰を決めたのは会長から電話があったから、会長もこのクラブのことも好きだったから

 

フロレンティーノ・ペレス会長のスピーチの後、入団会見のスピーチをし、メディアの質問に応対したジダン。

 

ジダン

 

今日は全員にとって特別な日であることをわかっている。とても幸せだ。それが一番大事だし、会長には家に戻ることが出来て幸せと話した。その後はお互いに質問した。何も言うことはない。戻ってこられてとても幸せだし。望んでいることは再び仕事をしてクラブをあるべき場所に戻すこと。唯一望んでいることは明日仕事をスタートさせること。それだけだ。

 

質疑応答

 

今の思い

戻れて満足。確かにそんなに離れたわけじゃない。今ここにいる。何よりもこのクラブ、このメンバーとまた仕事ができることに満足。

 

変わったものは

チームを離れたのは、それが自分に必要だったから。その時のクラブの状態は離れる必要はなかったが、選手たちは全てを勝ち取った後に変化が必要だった。復帰を決めたのは会長から電話があったからだし、会長もこのクラブのことも好きだったから、今ここにいる。8ヶ月後の今、チームを指揮する気持ちで一杯。全ての人に良い選択だと思い決断をした。変化をしなければいけなかった。

 

責任

とても大きいものだ。マドリードを見たとき、チームのメンバー全員を見たとき、この場にいる人々はこのクラブのことを本当に愛しているし、私はその中の一人。サッカーが好きだし、このエンブレムとユニホームのためにプレーをした。けど自分はチームメートの一人。今、それをやりたい。勝ったことを忘れないが、同じように悪いことをしたこと、昨シーズン共に獲得したものを忘れない。リーガ、国王杯と立て続けに失ったが、価値あるチャンピオンズを手にした。けど、自分がどこにいるかをわかっている。人生はそういうもの。いいことも悪いこともある。私がこのクラブに持っている思いを誰も取り除く事はできない。チームが上手くいくために自分の内に持っているもの全てを出していきたい。

 

変化

ともかく物事を変えていかないといけない。来年に向けて変化をつけなければいけない。だが今は来季のことは考えない。チームに戻ったし、会長、クラブと話す時間はあるし何が出来るかを話す時間はある。今日のテーマは残り11試合を良い形で終えること。会長から電話があったから今この場にいる。

 

なぜ、今復帰

休養は必要だったし、選手たちにも必要だった。別に退団したかったわけではなくほぼ全てをタイトルにして2年半を考えて、変化が必要だと思った。同様に私たちはCLを手にしており、過去のシーズンで起きたことは決して簡単ではない事をわかっている。だが、変化する必要があった。今は同じように決断をとらないといけない。オファーはいくつかあったが他クラブへ移籍することは望んでいなかった。今シーズン良い形で終えるために集中しないといけないし、次の試合に向けて良い準備をしないといけない。

 

会長の電話があった時に思ったことは

戻る。そして今ここにいる。

 

疑い

世間で言われていることを聞いた時、話をしたくないし出たくはない。9ヶ月間私は何一つインタビューを受けていない。会長と電話て話をした時、会長にノーと答えることはなかった。時が過ぎ、何があったかは知っていたし、選手、監督たちに何があったか、ロッカールームの中で起きたことを知っていたし、多くのタイトルを取った時に士気が落ちることを知っている。今年、それが回ってきた。選手たちをチーム内で見ていたけど、起きたことは満足していない。それは彼ら自身が一番にわかっている。自分は監督だったし同じことが起きた。何が自分達に足りないか、来シーズンに出来ることを見ていく。

 

クリスティアーノ

今日のテーマじゃない。今のテーマは残り11試合。それを考える。クリスティアーノがどんな人間かを記者も知っている。このクラブの歴史であり、それは変える事はできない。ベストな選手だ。最高の選手であり、歴史でも最高の選手の一人。いま話す必要はない。

 

成功を繰り返せるか、出来ないものか

どちらも考えていない。このクラブの歴史は世界最高のもの。誰もそれは変えられない。いま、マドリードにいて幸せだ。このクラブの一部になれたこともだ。いま考えなければいけないのは土曜日の試合。4日準備期間がある。

 

マドリードへの借り

何もない。今マドリードに戻ったし、退団した時、私だけでなく全員にとって解決策だった。

 

戻る決断

我々には11試合が残っているしいい形で終わらないといけない。来年何が起きるかは来年に。全てを勝ち取った後チームには変化が必要だった。私だけの話ではない。変化が必要だった。9ヶ月がたった今は別の話だ。

 

休息

しっかり休んだ。9ヶ月後マドリードに、ここで過ごしていたし、自分のことをしてバッテリーを充電した。今はまたマドリードを指揮する経験を積む準備が出来ている。また私にこの愛するクラブに戻る機会を与えてくれた。

 

スタッフ

同じチームだ。

 

変化したいもの

やりたいことは選手たちといること。シーズンをずっと過ごしてきたし、スタジアムでもみていた。選手たちが一番に今シーズン厳しいものだと感じている。いつもいいプレーをすること勝つことは出来ない。上位にいるときも、悪い部分もあることを知らないといけない。それにチームにおきたことを知らないといけない。外から知ることは難しいものだ。

 

悪かった部分は

多くのことがある。けど監督として昨シーズンチャンピオンズを勝ったけど、国王杯は難しかった。リーガは始まりが良くなかったけど、私が監督としてチームを率いていた。自分の後に就任した監督も選手、チーム、クラブのために出来るだけの力を引き出していた。結果は結果として出たが前を見ないといけない。だが最初の選手たちと共に見ないといけない。

 

イスコ、マルセロ、ベイル

厄介な選手たちではない。自分は監督に戻っったし、このチームにいる選手たちは多くを勝ち取ってきた。一人一人については話をするつもりはない。私がしたいことは彼らと共に戻ることだし、取り組み、この土曜日に良いことをすること。

 

補強

補強については考えていないし、戻ってきたことに満足しているのが一番。今考えているのは残り11試合。来季に向けて準備をする、話をするのに相応しい人に会う時間はある。

 

フロレンティーノ・ペレス会長

世界1の監督が戻ってきた。グラシアス、ジズー。君のクラブへの忠誠、君がこのクラブの伝説の一部になってくれることに感謝している。

 

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2019.03.12 08:57
マドリード通信
ジダン就任会見:復帰を決めたのは会長から電話があったから、会長もこのクラブのことも好きだったから
ジダン就任会見:復帰を決めたのは会長から電話があったから、会長もこのクラブのことも好きだったから

 

フロレンティーノ・ペレス会長のスピーチの後、入団会見のスピーチをし、メディアの質問に応対したジダン。

 

ジダン

 

今日は全員にとって特別な日であることをわかっている。とても幸せだ。それが一番大事だし、会長には家に戻ることが出来て幸せと話した。その後はお互いに質問した。何も言うことはない。戻ってこられてとても幸せだし。望んでいることは再び仕事をしてクラブをあるべき場所に戻すこと。唯一望んでいることは明日仕事をスタートさせること。それだけだ。

 

質疑応答

 

今の思い

戻れて満足。確かにそんなに離れたわけじゃない。今ここにいる。何よりもこのクラブ、このメンバーとまた仕事ができることに満足。

 

変わったものは

チームを離れたのは、それが自分に必要だったから。その時のクラブの状態は離れる必要はなかったが、選手たちは全てを勝ち取った後に変化が必要だった。復帰を決めたのは会長から電話があったからだし、会長もこのクラブのことも好きだったから、今ここにいる。8ヶ月後の今、チームを指揮する気持ちで一杯。全ての人に良い選択だと思い決断をした。変化をしなければいけなかった。

 

責任

とても大きいものだ。マドリードを見たとき、チームのメンバー全員を見たとき、この場にいる人々はこのクラブのことを本当に愛しているし、私はその中の一人。サッカーが好きだし、このエンブレムとユニホームのためにプレーをした。けど自分はチームメートの一人。今、それをやりたい。勝ったことを忘れないが、同じように悪いことをしたこと、昨シーズン共に獲得したものを忘れない。リーガ、国王杯と立て続けに失ったが、価値あるチャンピオンズを手にした。けど、自分がどこにいるかをわかっている。人生はそういうもの。いいことも悪いこともある。私がこのクラブに持っている思いを誰も取り除く事はできない。チームが上手くいくために自分の内に持っているもの全てを出していきたい。

 

変化

ともかく物事を変えていかないといけない。来年に向けて変化をつけなければいけない。だが今は来季のことは考えない。チームに戻ったし、会長、クラブと話す時間はあるし何が出来るかを話す時間はある。今日のテーマは残り11試合を良い形で終えること。会長から電話があったから今この場にいる。

 

なぜ、今復帰

休養は必要だったし、選手たちにも必要だった。別に退団したかったわけではなくほぼ全てをタイトルにして2年半を考えて、変化が必要だと思った。同様に私たちはCLを手にしており、過去のシーズンで起きたことは決して簡単ではない事をわかっている。だが、変化する必要があった。今は同じように決断をとらないといけない。オファーはいくつかあったが他クラブへ移籍することは望んでいなかった。今シーズン良い形で終えるために集中しないといけないし、次の試合に向けて良い準備をしないといけない。

 

会長の電話があった時に思ったことは

戻る。そして今ここにいる。

 

疑い

世間で言われていることを聞いた時、話をしたくないし出たくはない。9ヶ月間私は何一つインタビューを受けていない。会長と電話て話をした時、会長にノーと答えることはなかった。時が過ぎ、何があったかは知っていたし、選手、監督たちに何があったか、ロッカールームの中で起きたことを知っていたし、多くのタイトルを取った時に士気が落ちることを知っている。今年、それが回ってきた。選手たちをチーム内で見ていたけど、起きたことは満足していない。それは彼ら自身が一番にわかっている。自分は監督だったし同じことが起きた。何が自分達に足りないか、来シーズンに出来ることを見ていく。

 

クリスティアーノ

今日のテーマじゃない。今のテーマは残り11試合。それを考える。クリスティアーノがどんな人間かを記者も知っている。このクラブの歴史であり、それは変える事はできない。ベストな選手だ。最高の選手であり、歴史でも最高の選手の一人。いま話す必要はない。

 

成功を繰り返せるか、出来ないものか

どちらも考えていない。このクラブの歴史は世界最高のもの。誰もそれは変えられない。いま、マドリードにいて幸せだ。このクラブの一部になれたこともだ。いま考えなければいけないのは土曜日の試合。4日準備期間がある。

 

マドリードへの借り

何もない。今マドリードに戻ったし、退団した時、私だけでなく全員にとって解決策だった。

 

戻る決断

我々には11試合が残っているしいい形で終わらないといけない。来年何が起きるかは来年に。全てを勝ち取った後チームには変化が必要だった。私だけの話ではない。変化が必要だった。9ヶ月がたった今は別の話だ。

 

休息

しっかり休んだ。9ヶ月後マドリードに、ここで過ごしていたし、自分のことをしてバッテリーを充電した。今はまたマドリードを指揮する経験を積む準備が出来ている。また私にこの愛するクラブに戻る機会を与えてくれた。

 

スタッフ

同じチームだ。

 

変化したいもの

やりたいことは選手たちといること。シーズンをずっと過ごしてきたし、スタジアムでもみていた。選手たちが一番に今シーズン厳しいものだと感じている。いつもいいプレーをすること勝つことは出来ない。上位にいるときも、悪い部分もあることを知らないといけない。それにチームにおきたことを知らないといけない。外から知ることは難しいものだ。

 

悪かった部分は

多くのことがある。けど監督として昨シーズンチャンピオンズを勝ったけど、国王杯は難しかった。リーガは始まりが良くなかったけど、私が監督としてチームを率いていた。自分の後に就任した監督も選手、チーム、クラブのために出来るだけの力を引き出していた。結果は結果として出たが前を見ないといけない。だが最初の選手たちと共に見ないといけない。

 

イスコ、マルセロ、ベイル

厄介な選手たちではない。自分は監督に戻っったし、このチームにいる選手たちは多くを勝ち取ってきた。一人一人については話をするつもりはない。私がしたいことは彼らと共に戻ることだし、取り組み、この土曜日に良いことをすること。

 

補強

補強については考えていないし、戻ってきたことに満足しているのが一番。今考えているのは残り11試合。来季に向けて準備をする、話をするのに相応しい人に会う時間はある。

 

フロレンティーノ・ペレス会長

世界1の監督が戻ってきた。グラシアス、ジズー。君のクラブへの忠誠、君がこのクラブの伝説の一部になってくれることに感謝している。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。

#%/element%#
2019.03.12 08:57
マドリード通信
ジダン就任会見:復帰を決めたのは会長から電話があったから、会長もこのクラブのことも好きだったから
ジダン就任会見:復帰を決めたのは会長から電話があったから、会長もこのクラブのことも好きだったから

 

フロレンティーノ・ペレス会長のスピーチの後、入団会見のスピーチをし、メディアの質問に応対したジダン。

 

ジダン

 

今日は全員にとって特別な日であることをわかっている。とても幸せだ。それが一番大事だし、会長には家に戻ることが出来て幸せと話した。その後はお互いに質問した。何も言うことはない。戻ってこられてとても幸せだし。望んでいることは再び仕事をしてクラブをあるべき場所に戻すこと。唯一望んでいることは明日仕事をスタートさせること。それだけだ。

 

質疑応答

 

今の思い

戻れて満足。確かにそんなに離れたわけじゃない。今ここにいる。何よりもこのクラブ、このメンバーとまた仕事ができることに満足。

 

変わったものは

チームを離れたのは、それが自分に必要だったから。その時のクラブの状態は離れる必要はなかったが、選手たちは全てを勝ち取った後に変化が必要だった。復帰を決めたのは会長から電話があったからだし、会長もこのクラブのことも好きだったから、今ここにいる。8ヶ月後の今、チームを指揮する気持ちで一杯。全ての人に良い選択だと思い決断をした。変化をしなければいけなかった。

 

責任

とても大きいものだ。マドリードを見たとき、チームのメンバー全員を見たとき、この場にいる人々はこのクラブのことを本当に愛しているし、私はその中の一人。サッカーが好きだし、このエンブレムとユニホームのためにプレーをした。けど自分はチームメートの一人。今、それをやりたい。勝ったことを忘れないが、同じように悪いことをしたこと、昨シーズン共に獲得したものを忘れない。リーガ、国王杯と立て続けに失ったが、価値あるチャンピオンズを手にした。けど、自分がどこにいるかをわかっている。人生はそういうもの。いいことも悪いこともある。私がこのクラブに持っている思いを誰も取り除く事はできない。チームが上手くいくために自分の内に持っているもの全てを出していきたい。

 

変化

ともかく物事を変えていかないといけない。来年に向けて変化をつけなければいけない。だが今は来季のことは考えない。チームに戻ったし、会長、クラブと話す時間はあるし何が出来るかを話す時間はある。今日のテーマは残り11試合を良い形で終えること。会長から電話があったから今この場にいる。

 

なぜ、今復帰

休養は必要だったし、選手たちにも必要だった。別に退団したかったわけではなくほぼ全てをタイトルにして2年半を考えて、変化が必要だと思った。同様に私たちはCLを手にしており、過去のシーズンで起きたことは決して簡単ではない事をわかっている。だが、変化する必要があった。今は同じように決断をとらないといけない。オファーはいくつかあったが他クラブへ移籍することは望んでいなかった。今シーズン良い形で終えるために集中しないといけないし、次の試合に向けて良い準備をしないといけない。

 

会長の電話があった時に思ったことは

戻る。そして今ここにいる。

 

疑い

世間で言われていることを聞いた時、話をしたくないし出たくはない。9ヶ月間私は何一つインタビューを受けていない。会長と電話て話をした時、会長にノーと答えることはなかった。時が過ぎ、何があったかは知っていたし、選手、監督たちに何があったか、ロッカールームの中で起きたことを知っていたし、多くのタイトルを取った時に士気が落ちることを知っている。今年、それが回ってきた。選手たちをチーム内で見ていたけど、起きたことは満足していない。それは彼ら自身が一番にわかっている。自分は監督だったし同じことが起きた。何が自分達に足りないか、来シーズンに出来ることを見ていく。

 

クリスティアーノ

今日のテーマじゃない。今のテーマは残り11試合。それを考える。クリスティアーノがどんな人間かを記者も知っている。このクラブの歴史であり、それは変える事はできない。ベストな選手だ。最高の選手であり、歴史でも最高の選手の一人。いま話す必要はない。

 

成功を繰り返せるか、出来ないものか

どちらも考えていない。このクラブの歴史は世界最高のもの。誰もそれは変えられない。いま、マドリードにいて幸せだ。このクラブの一部になれたこともだ。いま考えなければいけないのは土曜日の試合。4日準備期間がある。

 

マドリードへの借り

何もない。今マドリードに戻ったし、退団した時、私だけでなく全員にとって解決策だった。

 

戻る決断

我々には11試合が残っているしいい形で終わらないといけない。来年何が起きるかは来年に。全てを勝ち取った後チームには変化が必要だった。私だけの話ではない。変化が必要だった。9ヶ月がたった今は別の話だ。

 

休息

しっかり休んだ。9ヶ月後マドリードに、ここで過ごしていたし、自分のことをしてバッテリーを充電した。今はまたマドリードを指揮する経験を積む準備が出来ている。また私にこの愛するクラブに戻る機会を与えてくれた。

 

スタッフ

同じチームだ。

 

変化したいもの

やりたいことは選手たちといること。シーズンをずっと過ごしてきたし、スタジアムでもみていた。選手たちが一番に今シーズン厳しいものだと感じている。いつもいいプレーをすること勝つことは出来ない。上位にいるときも、悪い部分もあることを知らないといけない。それにチームにおきたことを知らないといけない。外から知ることは難しいものだ。

 

悪かった部分は

多くのことがある。けど監督として昨シーズンチャンピオンズを勝ったけど、国王杯は難しかった。リーガは始まりが良くなかったけど、私が監督としてチームを率いていた。自分の後に就任した監督も選手、チーム、クラブのために出来るだけの力を引き出していた。結果は結果として出たが前を見ないといけない。だが最初の選手たちと共に見ないといけない。

 

イスコ、マルセロ、ベイル

厄介な選手たちではない。自分は監督に戻っったし、このチームにいる選手たちは多くを勝ち取ってきた。一人一人については話をするつもりはない。私がしたいことは彼らと共に戻ることだし、取り組み、この土曜日に良いことをすること。

 

補強

補強については考えていないし、戻ってきたことに満足しているのが一番。今考えているのは残り11試合。来季に向けて準備をする、話をするのに相応しい人に会う時間はある。

 

フロレンティーノ・ペレス会長

世界1の監督が戻ってきた。グラシアス、ジズー。君のクラブへの忠誠、君がこのクラブの伝説の一部になってくれることに感謝している。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。