Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2018.10.05 22:11
記者会見
ロペテギ:チームは首位と同じ勝ち点
ロペテギ

アラベス戦前日記者会見に出席したロペテギ。

 

ロペテギ

チーム状態

マルセロやダニのように何人かの選手が怪我をしている。彼らのように何週間もかかる場合もあるし、復帰間近のイスコや違和感を持っているガレスのケースもある。試合が多くある時にあるノーマルなケースだが、チームの中でも最高の4人の怪我でもある。

 

批判

批判が出るのがレアル・マドリードであり、批判をナチュラルに受け入れないといけない。一番大事なのは選手たちが持っている感触だ。好不調の波はあるものだが、今の状態でもポジティブなことはある。修正しないといけない点は修正しないといけないが、どの大会も全幅の信頼を持って続けていく。

 

リスペクトの欠如

今に始まったことではない。マドリードには要求が最大限されるものだし、フォーカスしているものは正しい。チームは首位と同じ勝ち点だし、CLでローマ戦の戦いを続けていくことに疑問はもっていない。確かにCSKA相手に勝ち点3を失ったが、不運な試合だった。今はアラベス戦にだけ焦点を合わせている。相手は6試合無敗の相手だし、勝つためにはいい試合をすることを要求してくる相手だ。

 

ベイル

ガレスはチームにとってとても大事な選手だ。ダービーで何週間もかかるかもしれなかった違和感を感じた。今は試合に出る準備が出来ている。

 

アラベス

しっかりと相手のことを知り、最大限の経緯を持つことが大事だが、大事なことはいつだって自分たちがしなければいけないこと。チームはこれまで良い顔を見せてきているし、苦しいときにも見せられるようにしていく。高い要求がされる試合になると思う。彼らは明確なアイデアを持ってプレーをするし、持っている力を上手く発揮している、アラベスで自身の力を発揮することを見つけた選手たちがいる、勝つためには良い試合をしないといけない

 

監督の座

人々が思っているようなことを自分たちは分析していない、チーム力を上げるために日々自分たちの仕事に取り組んでいる。確かにクラブの目標は変わらない。それだけのことだ。他のどのチームとも同じようにチームの力を上げていきたい。そのためには全ての意見を尊重しないといけないし、レアル・マドリードのようなチームであれば尚更だ。自分たちは内部で仕事をしているし選手たちを見ている。とても良いプレーをしていたこと、自信を持っていることをわかっている。評価はシーズン終わりでやるもの。その話はローマ戦後にしたはずだ。

 

批判

監督は悪い意見を自然に受け入れるべきで、良いものは受け入れないものだ。チームが更に強くなるために自分たちは仕事をしている。監督の地位を失うか心配しているか?それはない。監督はチームが次の試合に向けて良い準備をすることだけで頭がいっぱいだ。

 

最後の試合

毎試合自分は最後の試合だと思って挑んでいる。マドリードではこの手段でいつも試合を戦っている。

  

サイドバック

いないのはシーズンの流れのものであり、けが人に関して自分たちができることはない。試合に出る選手を信頼している。欠場者は一つの扉をとじるものだが、他の扉を開けるもの。

 

当日移動

16時以降の試合であれば当日に移動するのがアイデアだ。

 

先制される展開

確かにそのデータはあるし自分たちが考えているものだ。毎試合逆転することは難しいし、そんな展開を自分たちは望んでいない。ただ間違いなく修正をしていかなければいけない部分だ。

 

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2018.10.05 22:11
記者会見
ロペテギ:チームは首位と同じ勝ち点
ロペテギ

アラベス戦前日記者会見に出席したロペテギ。

 

ロペテギ

チーム状態

マルセロやダニのように何人かの選手が怪我をしている。彼らのように何週間もかかる場合もあるし、復帰間近のイスコや違和感を持っているガレスのケースもある。試合が多くある時にあるノーマルなケースだが、チームの中でも最高の4人の怪我でもある。

 

批判

批判が出るのがレアル・マドリードであり、批判をナチュラルに受け入れないといけない。一番大事なのは選手たちが持っている感触だ。好不調の波はあるものだが、今の状態でもポジティブなことはある。修正しないといけない点は修正しないといけないが、どの大会も全幅の信頼を持って続けていく。

 

リスペクトの欠如

今に始まったことではない。マドリードには要求が最大限されるものだし、フォーカスしているものは正しい。チームは首位と同じ勝ち点だし、CLでローマ戦の戦いを続けていくことに疑問はもっていない。確かにCSKA相手に勝ち点3を失ったが、不運な試合だった。今はアラベス戦にだけ焦点を合わせている。相手は6試合無敗の相手だし、勝つためにはいい試合をすることを要求してくる相手だ。

 

ベイル

ガレスはチームにとってとても大事な選手だ。ダービーで何週間もかかるかもしれなかった違和感を感じた。今は試合に出る準備が出来ている。

 

アラベス

しっかりと相手のことを知り、最大限の経緯を持つことが大事だが、大事なことはいつだって自分たちがしなければいけないこと。チームはこれまで良い顔を見せてきているし、苦しいときにも見せられるようにしていく。高い要求がされる試合になると思う。彼らは明確なアイデアを持ってプレーをするし、持っている力を上手く発揮している、アラベスで自身の力を発揮することを見つけた選手たちがいる、勝つためには良い試合をしないといけない

 

監督の座

人々が思っているようなことを自分たちは分析していない、チーム力を上げるために日々自分たちの仕事に取り組んでいる。確かにクラブの目標は変わらない。それだけのことだ。他のどのチームとも同じようにチームの力を上げていきたい。そのためには全ての意見を尊重しないといけないし、レアル・マドリードのようなチームであれば尚更だ。自分たちは内部で仕事をしているし選手たちを見ている。とても良いプレーをしていたこと、自信を持っていることをわかっている。評価はシーズン終わりでやるもの。その話はローマ戦後にしたはずだ。

 

批判

監督は悪い意見を自然に受け入れるべきで、良いものは受け入れないものだ。チームが更に強くなるために自分たちは仕事をしている。監督の地位を失うか心配しているか?それはない。監督はチームが次の試合に向けて良い準備をすることだけで頭がいっぱいだ。

 

最後の試合

毎試合自分は最後の試合だと思って挑んでいる。マドリードではこの手段でいつも試合を戦っている。

  

サイドバック

いないのはシーズンの流れのものであり、けが人に関して自分たちができることはない。試合に出る選手を信頼している。欠場者は一つの扉をとじるものだが、他の扉を開けるもの。

 

当日移動

16時以降の試合であれば当日に移動するのがアイデアだ。

 

先制される展開

確かにそのデータはあるし自分たちが考えているものだ。毎試合逆転することは難しいし、そんな展開を自分たちは望んでいない。ただ間違いなく修正をしていかなければいけない部分だ。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。

#%/element%#
2018.10.05 22:11
記者会見
ロペテギ:チームは首位と同じ勝ち点
ロペテギ

アラベス戦前日記者会見に出席したロペテギ。

 

ロペテギ

チーム状態

マルセロやダニのように何人かの選手が怪我をしている。彼らのように何週間もかかる場合もあるし、復帰間近のイスコや違和感を持っているガレスのケースもある。試合が多くある時にあるノーマルなケースだが、チームの中でも最高の4人の怪我でもある。

 

批判

批判が出るのがレアル・マドリードであり、批判をナチュラルに受け入れないといけない。一番大事なのは選手たちが持っている感触だ。好不調の波はあるものだが、今の状態でもポジティブなことはある。修正しないといけない点は修正しないといけないが、どの大会も全幅の信頼を持って続けていく。

 

リスペクトの欠如

今に始まったことではない。マドリードには要求が最大限されるものだし、フォーカスしているものは正しい。チームは首位と同じ勝ち点だし、CLでローマ戦の戦いを続けていくことに疑問はもっていない。確かにCSKA相手に勝ち点3を失ったが、不運な試合だった。今はアラベス戦にだけ焦点を合わせている。相手は6試合無敗の相手だし、勝つためにはいい試合をすることを要求してくる相手だ。

 

ベイル

ガレスはチームにとってとても大事な選手だ。ダービーで何週間もかかるかもしれなかった違和感を感じた。今は試合に出る準備が出来ている。

 

アラベス

しっかりと相手のことを知り、最大限の経緯を持つことが大事だが、大事なことはいつだって自分たちがしなければいけないこと。チームはこれまで良い顔を見せてきているし、苦しいときにも見せられるようにしていく。高い要求がされる試合になると思う。彼らは明確なアイデアを持ってプレーをするし、持っている力を上手く発揮している、アラベスで自身の力を発揮することを見つけた選手たちがいる、勝つためには良い試合をしないといけない

 

監督の座

人々が思っているようなことを自分たちは分析していない、チーム力を上げるために日々自分たちの仕事に取り組んでいる。確かにクラブの目標は変わらない。それだけのことだ。他のどのチームとも同じようにチームの力を上げていきたい。そのためには全ての意見を尊重しないといけないし、レアル・マドリードのようなチームであれば尚更だ。自分たちは内部で仕事をしているし選手たちを見ている。とても良いプレーをしていたこと、自信を持っていることをわかっている。評価はシーズン終わりでやるもの。その話はローマ戦後にしたはずだ。

 

批判

監督は悪い意見を自然に受け入れるべきで、良いものは受け入れないものだ。チームが更に強くなるために自分たちは仕事をしている。監督の地位を失うか心配しているか?それはない。監督はチームが次の試合に向けて良い準備をすることだけで頭がいっぱいだ。

 

最後の試合

毎試合自分は最後の試合だと思って挑んでいる。マドリードではこの手段でいつも試合を戦っている。

  

サイドバック

いないのはシーズンの流れのものであり、けが人に関して自分たちができることはない。試合に出る選手を信頼している。欠場者は一つの扉をとじるものだが、他の扉を開けるもの。

 

当日移動

16時以降の試合であれば当日に移動するのがアイデアだ。

 

先制される展開

確かにそのデータはあるし自分たちが考えているものだ。毎試合逆転することは難しいし、そんな展開を自分たちは望んでいない。ただ間違いなく修正をしていかなければいけない部分だ。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。