Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2018.08.09 22:43
記者会見
クルトゥワ:金銭的にもっと良いオファーはあったが、マドリードでプレーがしたかった
クルトゥワ:金銭的にもっと良いオファーはあったが、マドリードでプレーがしたかった

サンティアゴ・ベルナベウでの記者会見でマドリディスタとして初めてメディアの質問に答えたクルトゥワ。

 

クルトゥワ

今の気持ち

たくさんの感情がある。この場にいれることにとても誇りを感じている。今日の午後早く練習をしたいし、シーズンに向けてトップコンディションになりたい。

 

小さな頃からマドリディスタ

誰もが小さい頃にはどこかのクラブに大きな興味を持つものだと思う。イケル・カシージャスは本当にプレーしていた年齢からも注目していたし、大きな挑戦をする姿に注目していた。レアル・マドリードとアンデルレヒトの試合ではイケルのユニホームを持っていた。いつもマドリードの試合を見に行った人は自分にプレゼントを持ってきてくれた。

 

マドリードのようなチームが自分の力に注目することは良いプレーをしていたということ。金銭的にもっと良いオファーはあった。けど、マドリードでプレーがしたかったし自分の息子たちの側にいたかった。マドリードのオファーが具体的なものになったとき、議論の余地なくどこにいたいかはあきらかで、それはこのチームにいたいというものだった。

 

ケイラーとの共存

チェルシーに入団したときもチェフがいて同じ質問をされた。今ではチェフと自分は友人。GKは友人だし、良い関係を築ける。グループの中で良い関係を築くために全てをする。マドリードには最大限の試合に出るために来たし、他のGKも同じだと思う。マドリードが試合に勝利しトロフィーを得るための力になりたい。

 

初戦アトレティコ

今日、初練習をする。試合までには少ない準備時間だと思う。ロシアW杯の調子から調子は良いと思っている。最大限のリスペクトをアトレティコに持っている。レアル・マドリードの選手としての時間を過ごせることで幸せ。

 

背番号

まだわからない。背番号は大事な要素ではない。一番大事なのはピッチにいること。

 

イケル・カシージャス

最初に彼のプレーを見たとき、18歳で凄いプレッシャーの中でプレーしていたことに注目した。自分もゲンクでのデビューではそうだったし、アトレティコは19歳だった。それにイケルのゴール下でのプレーは多くの注目をするものだった。

 

アザール

移籍を祝福してくれた。自分がマドリードでプレーすることに満足してくれている。

 

タイトル

チームは3連覇を達成した。1シーズンでできるだけ可能なタイトル全てを勝ち取らないといけない。クラブが引き続き勝ち続けるため自分の最大限の力を出したい。成功を手にするための力になりたい。

 

チェルシーとの別れ

この4年間に感謝の言葉を送りたい。プレミアリーグを勝つことは大事な目標だった。今はものにしないといけない新たな機会を手にした。子どもたちがここにいることは自分の決断の上で大事だった。ここ数年は簡単じゃなかった。サポーターには感謝している。良い思い出とともに自分を覚えていてほしいし、彼らには全ての幸運があることを願っている。

 

補強

必要なポジションを補強するためにクラブは働いていると思う。マドリードのメンバーはとてもすごく強いものだ。自分の目標はここに来ることだった。それはみんなが知っていることだけどメディアには言えなかった。マドリードに加入して幸せだ。

 

エンブレムへのキスに対するアトレティコサポーターの反応

多分、マドリードでプレーする選手全てと変わらないと思う。自分はレンタルでプレーしていたしアトレティコに最大限のリスペクトを持っている。多分、アトレティコサポーターのリスペクトを自分は手にしていると思う。アトレティコではレンタルだった。今はいつもプレーしたいと思っていたクラブに移籍した。今までキスをしたことはなかったけど、今日はした。

 

ケイラー・ナバス

少し話したことがある間柄だ。彼について話を聞いたが、偉大なGKであるプロフェッショナルであり素晴らしい人物であると聞いた。自分は全てのGKに最大限のリスペクトを持っているし、最大限のゴール下をするつもり。

 

ケイラーとの違い

彼は素晴らしいGK。自分は得意とする場所で自分の役割を果たすために来た。自分はいい反応があるし、空中戦にも強い…ケイラーは凄いGKだけど、自分が彼の良いところを説明する必要はない。

 

定位置保証

それはない。それは間違いのもとだ。練習の中で試合に出るのに相応しいことを見せないといけない。自分がプレーしたどのチームでも試合に出ることを保証してくれたところはない。守護神争いをしにきたし、自分がどんな選手かをアピールしに来た。その後誰が試合に出るかは監督が決める。

 

CLのタイトルを奪ったセルヒオへの最初の言葉

それはサッカーで起きること。自分たちは国王杯で彼らに勝った。今言うとしたらともにCLのタイトルを取ろうということ。

 

マドリードのゴール下は世界一か

そうであると言いたい。自分は偉大なGKだし、ケイラーもキコも見た試合から言えばジダンもそうだと思う。

 

アンチマドリードのうた

その時はまだ若かった。謝罪をしたが今もしたい。マドリディスタは今から自分がマドリードのエンブレムのために全てを出すことを見るだろう。

 

イングランドの経験

前は子供だった。イングランドではフィジカル的にも成長したし成熟した。プレミアでの4年は大きな経験になった。最後の試合まで2つのタイトルを取るために戦った。選手として成長したけどまだ自分の一番の力はこれから先にあると思っている。今以上に良いGKになるためにきた。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2018.08.09 22:43
記者会見
クルトゥワ:金銭的にもっと良いオファーはあったが、マドリードでプレーがしたかった
クルトゥワ:金銭的にもっと良いオファーはあったが、マドリードでプレーがしたかった

サンティアゴ・ベルナベウでの記者会見でマドリディスタとして初めてメディアの質問に答えたクルトゥワ。

 

クルトゥワ

今の気持ち

たくさんの感情がある。この場にいれることにとても誇りを感じている。今日の午後早く練習をしたいし、シーズンに向けてトップコンディションになりたい。

 

小さな頃からマドリディスタ

誰もが小さい頃にはどこかのクラブに大きな興味を持つものだと思う。イケル・カシージャスは本当にプレーしていた年齢からも注目していたし、大きな挑戦をする姿に注目していた。レアル・マドリードとアンデルレヒトの試合ではイケルのユニホームを持っていた。いつもマドリードの試合を見に行った人は自分にプレゼントを持ってきてくれた。

 

マドリードのようなチームが自分の力に注目することは良いプレーをしていたということ。金銭的にもっと良いオファーはあった。けど、マドリードでプレーがしたかったし自分の息子たちの側にいたかった。マドリードのオファーが具体的なものになったとき、議論の余地なくどこにいたいかはあきらかで、それはこのチームにいたいというものだった。

 

ケイラーとの共存

チェルシーに入団したときもチェフがいて同じ質問をされた。今ではチェフと自分は友人。GKは友人だし、良い関係を築ける。グループの中で良い関係を築くために全てをする。マドリードには最大限の試合に出るために来たし、他のGKも同じだと思う。マドリードが試合に勝利しトロフィーを得るための力になりたい。

 

初戦アトレティコ

今日、初練習をする。試合までには少ない準備時間だと思う。ロシアW杯の調子から調子は良いと思っている。最大限のリスペクトをアトレティコに持っている。レアル・マドリードの選手としての時間を過ごせることで幸せ。

 

背番号

まだわからない。背番号は大事な要素ではない。一番大事なのはピッチにいること。

 

イケル・カシージャス

最初に彼のプレーを見たとき、18歳で凄いプレッシャーの中でプレーしていたことに注目した。自分もゲンクでのデビューではそうだったし、アトレティコは19歳だった。それにイケルのゴール下でのプレーは多くの注目をするものだった。

 

アザール

移籍を祝福してくれた。自分がマドリードでプレーすることに満足してくれている。

 

タイトル

チームは3連覇を達成した。1シーズンでできるだけ可能なタイトル全てを勝ち取らないといけない。クラブが引き続き勝ち続けるため自分の最大限の力を出したい。成功を手にするための力になりたい。

 

チェルシーとの別れ

この4年間に感謝の言葉を送りたい。プレミアリーグを勝つことは大事な目標だった。今はものにしないといけない新たな機会を手にした。子どもたちがここにいることは自分の決断の上で大事だった。ここ数年は簡単じゃなかった。サポーターには感謝している。良い思い出とともに自分を覚えていてほしいし、彼らには全ての幸運があることを願っている。

 

補強

必要なポジションを補強するためにクラブは働いていると思う。マドリードのメンバーはとてもすごく強いものだ。自分の目標はここに来ることだった。それはみんなが知っていることだけどメディアには言えなかった。マドリードに加入して幸せだ。

 

エンブレムへのキスに対するアトレティコサポーターの反応

多分、マドリードでプレーする選手全てと変わらないと思う。自分はレンタルでプレーしていたしアトレティコに最大限のリスペクトを持っている。多分、アトレティコサポーターのリスペクトを自分は手にしていると思う。アトレティコではレンタルだった。今はいつもプレーしたいと思っていたクラブに移籍した。今までキスをしたことはなかったけど、今日はした。

 

ケイラー・ナバス

少し話したことがある間柄だ。彼について話を聞いたが、偉大なGKであるプロフェッショナルであり素晴らしい人物であると聞いた。自分は全てのGKに最大限のリスペクトを持っているし、最大限のゴール下をするつもり。

 

ケイラーとの違い

彼は素晴らしいGK。自分は得意とする場所で自分の役割を果たすために来た。自分はいい反応があるし、空中戦にも強い…ケイラーは凄いGKだけど、自分が彼の良いところを説明する必要はない。

 

定位置保証

それはない。それは間違いのもとだ。練習の中で試合に出るのに相応しいことを見せないといけない。自分がプレーしたどのチームでも試合に出ることを保証してくれたところはない。守護神争いをしにきたし、自分がどんな選手かをアピールしに来た。その後誰が試合に出るかは監督が決める。

 

CLのタイトルを奪ったセルヒオへの最初の言葉

それはサッカーで起きること。自分たちは国王杯で彼らに勝った。今言うとしたらともにCLのタイトルを取ろうということ。

 

マドリードのゴール下は世界一か

そうであると言いたい。自分は偉大なGKだし、ケイラーもキコも見た試合から言えばジダンもそうだと思う。

 

アンチマドリードのうた

その時はまだ若かった。謝罪をしたが今もしたい。マドリディスタは今から自分がマドリードのエンブレムのために全てを出すことを見るだろう。

 

イングランドの経験

前は子供だった。イングランドではフィジカル的にも成長したし成熟した。プレミアでの4年は大きな経験になった。最後の試合まで2つのタイトルを取るために戦った。選手として成長したけどまだ自分の一番の力はこれから先にあると思っている。今以上に良いGKになるためにきた。

  • LINEで送る
#%/element%#
2018.08.09 22:43
記者会見
クルトゥワ:金銭的にもっと良いオファーはあったが、マドリードでプレーがしたかった
クルトゥワ:金銭的にもっと良いオファーはあったが、マドリードでプレーがしたかった

サンティアゴ・ベルナベウでの記者会見でマドリディスタとして初めてメディアの質問に答えたクルトゥワ。

 

クルトゥワ

今の気持ち

たくさんの感情がある。この場にいれることにとても誇りを感じている。今日の午後早く練習をしたいし、シーズンに向けてトップコンディションになりたい。

 

小さな頃からマドリディスタ

誰もが小さい頃にはどこかのクラブに大きな興味を持つものだと思う。イケル・カシージャスは本当にプレーしていた年齢からも注目していたし、大きな挑戦をする姿に注目していた。レアル・マドリードとアンデルレヒトの試合ではイケルのユニホームを持っていた。いつもマドリードの試合を見に行った人は自分にプレゼントを持ってきてくれた。

 

マドリードのようなチームが自分の力に注目することは良いプレーをしていたということ。金銭的にもっと良いオファーはあった。けど、マドリードでプレーがしたかったし自分の息子たちの側にいたかった。マドリードのオファーが具体的なものになったとき、議論の余地なくどこにいたいかはあきらかで、それはこのチームにいたいというものだった。

 

ケイラーとの共存

チェルシーに入団したときもチェフがいて同じ質問をされた。今ではチェフと自分は友人。GKは友人だし、良い関係を築ける。グループの中で良い関係を築くために全てをする。マドリードには最大限の試合に出るために来たし、他のGKも同じだと思う。マドリードが試合に勝利しトロフィーを得るための力になりたい。

 

初戦アトレティコ

今日、初練習をする。試合までには少ない準備時間だと思う。ロシアW杯の調子から調子は良いと思っている。最大限のリスペクトをアトレティコに持っている。レアル・マドリードの選手としての時間を過ごせることで幸せ。

 

背番号

まだわからない。背番号は大事な要素ではない。一番大事なのはピッチにいること。

 

イケル・カシージャス

最初に彼のプレーを見たとき、18歳で凄いプレッシャーの中でプレーしていたことに注目した。自分もゲンクでのデビューではそうだったし、アトレティコは19歳だった。それにイケルのゴール下でのプレーは多くの注目をするものだった。

 

アザール

移籍を祝福してくれた。自分がマドリードでプレーすることに満足してくれている。

 

タイトル

チームは3連覇を達成した。1シーズンでできるだけ可能なタイトル全てを勝ち取らないといけない。クラブが引き続き勝ち続けるため自分の最大限の力を出したい。成功を手にするための力になりたい。

 

チェルシーとの別れ

この4年間に感謝の言葉を送りたい。プレミアリーグを勝つことは大事な目標だった。今はものにしないといけない新たな機会を手にした。子どもたちがここにいることは自分の決断の上で大事だった。ここ数年は簡単じゃなかった。サポーターには感謝している。良い思い出とともに自分を覚えていてほしいし、彼らには全ての幸運があることを願っている。

 

補強

必要なポジションを補強するためにクラブは働いていると思う。マドリードのメンバーはとてもすごく強いものだ。自分の目標はここに来ることだった。それはみんなが知っていることだけどメディアには言えなかった。マドリードに加入して幸せだ。

 

エンブレムへのキスに対するアトレティコサポーターの反応

多分、マドリードでプレーする選手全てと変わらないと思う。自分はレンタルでプレーしていたしアトレティコに最大限のリスペクトを持っている。多分、アトレティコサポーターのリスペクトを自分は手にしていると思う。アトレティコではレンタルだった。今はいつもプレーしたいと思っていたクラブに移籍した。今までキスをしたことはなかったけど、今日はした。

 

ケイラー・ナバス

少し話したことがある間柄だ。彼について話を聞いたが、偉大なGKであるプロフェッショナルであり素晴らしい人物であると聞いた。自分は全てのGKに最大限のリスペクトを持っているし、最大限のゴール下をするつもり。

 

ケイラーとの違い

彼は素晴らしいGK。自分は得意とする場所で自分の役割を果たすために来た。自分はいい反応があるし、空中戦にも強い…ケイラーは凄いGKだけど、自分が彼の良いところを説明する必要はない。

 

定位置保証

それはない。それは間違いのもとだ。練習の中で試合に出るのに相応しいことを見せないといけない。自分がプレーしたどのチームでも試合に出ることを保証してくれたところはない。守護神争いをしにきたし、自分がどんな選手かをアピールしに来た。その後誰が試合に出るかは監督が決める。

 

CLのタイトルを奪ったセルヒオへの最初の言葉

それはサッカーで起きること。自分たちは国王杯で彼らに勝った。今言うとしたらともにCLのタイトルを取ろうということ。

 

マドリードのゴール下は世界一か

そうであると言いたい。自分は偉大なGKだし、ケイラーもキコも見た試合から言えばジダンもそうだと思う。

 

アンチマドリードのうた

その時はまだ若かった。謝罪をしたが今もしたい。マドリディスタは今から自分がマドリードのエンブレムのために全てを出すことを見るだろう。

 

イングランドの経験

前は子供だった。イングランドではフィジカル的にも成長したし成熟した。プレミアでの4年は大きな経験になった。最後の試合まで2つのタイトルを取るために戦った。選手として成長したけどまだ自分の一番の力はこれから先にあると思っている。今以上に良いGKになるためにきた。

  • LINEで送る