Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2018.06.15 04:16
マドリード通信
ロペテギ:いろんなことがあったが唯一私が望んだのは透明性だ
ロペテギ:いろんなことがあったが唯一私が望んだのは透明性だ

レアル・マドリード新監督としての所信表明を行った後、メディアの質問に応対したジュレン・ロペテギ。

 

ジュレン・ロペテギ

マドリードへの復帰

人生の中で1番幸せな日だ。
ビデオの中でのイメージの多くを覚えている。兄弟が同伴して18歳でマドリードのユニホームを来たことを覚えている。
私にとって冒険だったし、カスティージャで、トップチームでプレー出来たこと、忠実な日々を過ごす幸運がにはあった。
それを明確に覚えている。
私はマドリードで忠実な心を覚えた。カスティージャを指揮する幸運があったし、今はトップチームを指揮する。
一つの周期を果たしたわけだしとても幸せだ。

 

代表の試合

もちろん見るし、一人のスペイン人として応援するだけ。
代表は素晴らしいW杯を見せてくれるしいろんなことがあったが、新たなトロフィーをスペインに持ち帰ってくれるだろう。

 

ルビアレス会長

簡単に話す。
ここにあることは全て真実と忠実なことだ。

最初に知らなければいかなかったのは彼(ルビアレス会長)だ。
祝福されていたし、監督就任を発表した日に会見を開こうとしたが、
ルビアレス会長がいなかった。会見を待つように言われた。
私は出来るだけ会見を代表の試合の日から遠ざけたかった。
W杯前に行うことを願ったし、始まってから発表することは望んでいなかった。
だが、次の日にいろんなことが起きた。その間に何があったかはわからない。

誠実に、そして透明性を持たないといけないし、隠し事があってはならない。
私は隠すことは悪いと思ったしそれは望まなかった。

代表選手たちは自分の決断を知っていたし、ファンタスティックな姿勢で受け入れてくれた。
彼らは素晴らしいグループだ。
2年の間に4人の会長と共に働いたが、強さを持って乗り越えたし、その強さで彼等は世界1になれる。

 

コミュニケーション不足をルビアレスは指摘

会長はとても良い説明をした。それ以上のことを言う必要はない。
いろんなことがあったが唯一が望んだのは透明性だ。
時間の過ごし方はそれぞれだし、最初は祝福と真心のこもったものだった。その後に起きたことはわからない。
私は自分の責任に忠実だし、それはレアル・マドリードで学んだ。
今からはスペイン代表を応援する。全員がスペインのユニホームを来て、優勝を目指す…今はこのレアル・マドリードでの挑戦に集中する。

 

屈辱的な扱い

それはない。屈辱的なことはやった方ではなく受けたほうが感じるもの。
面白おかしく言われること、バカげたことを言われることをあったが、私は正直さをもって対応した。
私たちの対応はプロとして相応しいものだったし、誠実で明確なものだった。
選手たちがこの話を知った時、私たちはこの一週間で最高の練習をした。なんの問題はなかった。

 

他の形を望んだと会長は言うが

はルビアレスが他の方法をしてくれたならと思った。

 

クリスティアーノ・ロナウド

の側に居て欲しい選手だ。
レアル・マドリードは世界最高だ。そのことに疑問はない。

 

別れ

おかしな一日だった。
素晴らしいことは選手たちのリスペクトと愛情だ。それはプレゼントされるものではなく勝ち得るものだ。
最後の瞬間に外へ出された。愛情に感謝しているし彼等にはプロとしての振る舞いを望んだ。
彼等には素晴らしい目標がある。誰が監督であろうとだ。素晴らしいチームがあると思っているし、とてもバランスが取れていたし心身共に良いレベルだったと思う。

 

もし代表監督に戻れたら

戻ることは出来ない。
たちは正直さと透明性をもって対応した。
ルビアレスとの後のリアクションについて変えられるなら変えたいが、それはユートビアな話でありには変えることが出来ない。

 

目標

代表ではW杯優勝が1番の目標。
マドリードでは全てのタイトル取ること、CLとリーガ。

 

セルヒオ・ラモス

は昨日まで誇りに思っていたチームの責任者だった。
それぞれの最高の力を代表にもたらそうとした。彼等には多くの要求をしたし感謝している。
ラモスは偉大なキャプテンとして行動する機会があり、これからもしていくだろう。

 

マドリードでなく他のチームだったら

良い質問だ。

 

マドリードでのプラン

今回の就任で良い部分は多くのことで問題の解決案を探すことが出来ること。
何があってもベストなチームがある。

 

祝福されたメッセージ

ある人物に、「18歳の時にマドリード入団した時に君を知ったが、その場所に戻ってきた。」
それがを最も熱くさせたメッセージだった。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2018.06.15 04:16
マドリード通信
ロペテギ:いろんなことがあったが唯一私が望んだのは透明性だ
ロペテギ:いろんなことがあったが唯一私が望んだのは透明性だ

レアル・マドリード新監督としての所信表明を行った後、メディアの質問に応対したジュレン・ロペテギ。

 

ジュレン・ロペテギ

マドリードへの復帰

人生の中で1番幸せな日だ。
ビデオの中でのイメージの多くを覚えている。兄弟が同伴して18歳でマドリードのユニホームを来たことを覚えている。
私にとって冒険だったし、カスティージャで、トップチームでプレー出来たこと、忠実な日々を過ごす幸運がにはあった。
それを明確に覚えている。
私はマドリードで忠実な心を覚えた。カスティージャを指揮する幸運があったし、今はトップチームを指揮する。
一つの周期を果たしたわけだしとても幸せだ。

 

代表の試合

もちろん見るし、一人のスペイン人として応援するだけ。
代表は素晴らしいW杯を見せてくれるしいろんなことがあったが、新たなトロフィーをスペインに持ち帰ってくれるだろう。

 

ルビアレス会長

簡単に話す。
ここにあることは全て真実と忠実なことだ。

最初に知らなければいかなかったのは彼(ルビアレス会長)だ。
祝福されていたし、監督就任を発表した日に会見を開こうとしたが、
ルビアレス会長がいなかった。会見を待つように言われた。
私は出来るだけ会見を代表の試合の日から遠ざけたかった。
W杯前に行うことを願ったし、始まってから発表することは望んでいなかった。
だが、次の日にいろんなことが起きた。その間に何があったかはわからない。

誠実に、そして透明性を持たないといけないし、隠し事があってはならない。
私は隠すことは悪いと思ったしそれは望まなかった。

代表選手たちは自分の決断を知っていたし、ファンタスティックな姿勢で受け入れてくれた。
彼らは素晴らしいグループだ。
2年の間に4人の会長と共に働いたが、強さを持って乗り越えたし、その強さで彼等は世界1になれる。

 

コミュニケーション不足をルビアレスは指摘

会長はとても良い説明をした。それ以上のことを言う必要はない。
いろんなことがあったが唯一が望んだのは透明性だ。
時間の過ごし方はそれぞれだし、最初は祝福と真心のこもったものだった。その後に起きたことはわからない。
私は自分の責任に忠実だし、それはレアル・マドリードで学んだ。
今からはスペイン代表を応援する。全員がスペインのユニホームを来て、優勝を目指す…今はこのレアル・マドリードでの挑戦に集中する。

 

屈辱的な扱い

それはない。屈辱的なことはやった方ではなく受けたほうが感じるもの。
面白おかしく言われること、バカげたことを言われることをあったが、私は正直さをもって対応した。
私たちの対応はプロとして相応しいものだったし、誠実で明確なものだった。
選手たちがこの話を知った時、私たちはこの一週間で最高の練習をした。なんの問題はなかった。

 

他の形を望んだと会長は言うが

はルビアレスが他の方法をしてくれたならと思った。

 

クリスティアーノ・ロナウド

の側に居て欲しい選手だ。
レアル・マドリードは世界最高だ。そのことに疑問はない。

 

別れ

おかしな一日だった。
素晴らしいことは選手たちのリスペクトと愛情だ。それはプレゼントされるものではなく勝ち得るものだ。
最後の瞬間に外へ出された。愛情に感謝しているし彼等にはプロとしての振る舞いを望んだ。
彼等には素晴らしい目標がある。誰が監督であろうとだ。素晴らしいチームがあると思っているし、とてもバランスが取れていたし心身共に良いレベルだったと思う。

 

もし代表監督に戻れたら

戻ることは出来ない。
たちは正直さと透明性をもって対応した。
ルビアレスとの後のリアクションについて変えられるなら変えたいが、それはユートビアな話でありには変えることが出来ない。

 

目標

代表ではW杯優勝が1番の目標。
マドリードでは全てのタイトル取ること、CLとリーガ。

 

セルヒオ・ラモス

は昨日まで誇りに思っていたチームの責任者だった。
それぞれの最高の力を代表にもたらそうとした。彼等には多くの要求をしたし感謝している。
ラモスは偉大なキャプテンとして行動する機会があり、これからもしていくだろう。

 

マドリードでなく他のチームだったら

良い質問だ。

 

マドリードでのプラン

今回の就任で良い部分は多くのことで問題の解決案を探すことが出来ること。
何があってもベストなチームがある。

 

祝福されたメッセージ

ある人物に、「18歳の時にマドリード入団した時に君を知ったが、その場所に戻ってきた。」
それがを最も熱くさせたメッセージだった。

  • LINEで送る
#%/element%#
2018.06.15 04:16
マドリード通信
ロペテギ:いろんなことがあったが唯一私が望んだのは透明性だ
ロペテギ:いろんなことがあったが唯一私が望んだのは透明性だ

レアル・マドリード新監督としての所信表明を行った後、メディアの質問に応対したジュレン・ロペテギ。

 

ジュレン・ロペテギ

マドリードへの復帰

人生の中で1番幸せな日だ。
ビデオの中でのイメージの多くを覚えている。兄弟が同伴して18歳でマドリードのユニホームを来たことを覚えている。
私にとって冒険だったし、カスティージャで、トップチームでプレー出来たこと、忠実な日々を過ごす幸運がにはあった。
それを明確に覚えている。
私はマドリードで忠実な心を覚えた。カスティージャを指揮する幸運があったし、今はトップチームを指揮する。
一つの周期を果たしたわけだしとても幸せだ。

 

代表の試合

もちろん見るし、一人のスペイン人として応援するだけ。
代表は素晴らしいW杯を見せてくれるしいろんなことがあったが、新たなトロフィーをスペインに持ち帰ってくれるだろう。

 

ルビアレス会長

簡単に話す。
ここにあることは全て真実と忠実なことだ。

最初に知らなければいかなかったのは彼(ルビアレス会長)だ。
祝福されていたし、監督就任を発表した日に会見を開こうとしたが、
ルビアレス会長がいなかった。会見を待つように言われた。
私は出来るだけ会見を代表の試合の日から遠ざけたかった。
W杯前に行うことを願ったし、始まってから発表することは望んでいなかった。
だが、次の日にいろんなことが起きた。その間に何があったかはわからない。

誠実に、そして透明性を持たないといけないし、隠し事があってはならない。
私は隠すことは悪いと思ったしそれは望まなかった。

代表選手たちは自分の決断を知っていたし、ファンタスティックな姿勢で受け入れてくれた。
彼らは素晴らしいグループだ。
2年の間に4人の会長と共に働いたが、強さを持って乗り越えたし、その強さで彼等は世界1になれる。

 

コミュニケーション不足をルビアレスは指摘

会長はとても良い説明をした。それ以上のことを言う必要はない。
いろんなことがあったが唯一が望んだのは透明性だ。
時間の過ごし方はそれぞれだし、最初は祝福と真心のこもったものだった。その後に起きたことはわからない。
私は自分の責任に忠実だし、それはレアル・マドリードで学んだ。
今からはスペイン代表を応援する。全員がスペインのユニホームを来て、優勝を目指す…今はこのレアル・マドリードでの挑戦に集中する。

 

屈辱的な扱い

それはない。屈辱的なことはやった方ではなく受けたほうが感じるもの。
面白おかしく言われること、バカげたことを言われることをあったが、私は正直さをもって対応した。
私たちの対応はプロとして相応しいものだったし、誠実で明確なものだった。
選手たちがこの話を知った時、私たちはこの一週間で最高の練習をした。なんの問題はなかった。

 

他の形を望んだと会長は言うが

はルビアレスが他の方法をしてくれたならと思った。

 

クリスティアーノ・ロナウド

の側に居て欲しい選手だ。
レアル・マドリードは世界最高だ。そのことに疑問はない。

 

別れ

おかしな一日だった。
素晴らしいことは選手たちのリスペクトと愛情だ。それはプレゼントされるものではなく勝ち得るものだ。
最後の瞬間に外へ出された。愛情に感謝しているし彼等にはプロとしての振る舞いを望んだ。
彼等には素晴らしい目標がある。誰が監督であろうとだ。素晴らしいチームがあると思っているし、とてもバランスが取れていたし心身共に良いレベルだったと思う。

 

もし代表監督に戻れたら

戻ることは出来ない。
たちは正直さと透明性をもって対応した。
ルビアレスとの後のリアクションについて変えられるなら変えたいが、それはユートビアな話でありには変えることが出来ない。

 

目標

代表ではW杯優勝が1番の目標。
マドリードでは全てのタイトル取ること、CLとリーガ。

 

セルヒオ・ラモス

は昨日まで誇りに思っていたチームの責任者だった。
それぞれの最高の力を代表にもたらそうとした。彼等には多くの要求をしたし感謝している。
ラモスは偉大なキャプテンとして行動する機会があり、これからもしていくだろう。

 

マドリードでなく他のチームだったら

良い質問だ。

 

マドリードでのプラン

今回の就任で良い部分は多くのことで問題の解決案を探すことが出来ること。
何があってもベストなチームがある。

 

祝福されたメッセージ

ある人物に、「18歳の時にマドリード入団した時に君を知ったが、その場所に戻ってきた。」
それがを最も熱くさせたメッセージだった。

  • LINEで送る