Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2018.06.15 03:27
記者会見
ロペテギ:昨日は人生のなかでも悲しい1日になったが、今日は幸せな日となった
ロペテギ:昨日は人生のなかでも悲しい1日になったが、今日は幸せな日となった

レアル・マドリード新監督に就任したジュレン・ロペテギ。
フロレンティーノ・ペレス会長のスピーチの後に「マドリディスタの望むもののために私は取り組んでいく」とマドリード監督としての所信表明を行い、「昨日は母親が亡くなった日以来の悲しい日となったが、今日は幸せな日になった」と語った。

 

ジュレン・ロペテギ

今日は感情的な一日だが、あまり感情的にならないことを願っている。
心からの気持ちだけを伝えたい。会長に感謝しているし、レアル・マドリードに本当に感謝している。
なぜなら、信頼を与えてくれたし、誇りと強さを持ってこの責任ある職務を受け入れたい。
どのクラブに来たのかわかっている。最大限の要求をされるクラブだ。ここにいられることは他にはない価値だ。
自分たちの持てる最高の力を出したいし、クラブの歴史にふさわしい戦いをしていくし、もっと素晴らしいものにしていくつもりだ。

 

やるべきことはたくさんある。
だが、この冒険をするための力があると思っている。
クラブを訪問したときからマドリードにある力とエネルギーを感じている。監督として必要なことだ。間違いなく成長していく上での力になるだろう。
この素晴らしい選手たちと共にさらなる頂きを目指していきたい。全てのタイトルを勝つことを願っている。

 

昨日は悲しい一日となった。母親が亡くなった日以来、悲しい日になったが、今日は人生の中で幸せな一日になった。
改めて全てに感謝したい。自分はマドリードの家族だと感じている。
本当にありがとう、マドリディスタの望むために自分は取り組んでいく。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2018.06.15 03:27
記者会見
ロペテギ:昨日は人生のなかでも悲しい1日になったが、今日は幸せな日となった
ロペテギ:昨日は人生のなかでも悲しい1日になったが、今日は幸せな日となった

レアル・マドリード新監督に就任したジュレン・ロペテギ。
フロレンティーノ・ペレス会長のスピーチの後に「マドリディスタの望むもののために私は取り組んでいく」とマドリード監督としての所信表明を行い、「昨日は母親が亡くなった日以来の悲しい日となったが、今日は幸せな日になった」と語った。

 

ジュレン・ロペテギ

今日は感情的な一日だが、あまり感情的にならないことを願っている。
心からの気持ちだけを伝えたい。会長に感謝しているし、レアル・マドリードに本当に感謝している。
なぜなら、信頼を与えてくれたし、誇りと強さを持ってこの責任ある職務を受け入れたい。
どのクラブに来たのかわかっている。最大限の要求をされるクラブだ。ここにいられることは他にはない価値だ。
自分たちの持てる最高の力を出したいし、クラブの歴史にふさわしい戦いをしていくし、もっと素晴らしいものにしていくつもりだ。

 

やるべきことはたくさんある。
だが、この冒険をするための力があると思っている。
クラブを訪問したときからマドリードにある力とエネルギーを感じている。監督として必要なことだ。間違いなく成長していく上での力になるだろう。
この素晴らしい選手たちと共にさらなる頂きを目指していきたい。全てのタイトルを勝つことを願っている。

 

昨日は悲しい一日となった。母親が亡くなった日以来、悲しい日になったが、今日は人生の中で幸せな一日になった。
改めて全てに感謝したい。自分はマドリードの家族だと感じている。
本当にありがとう、マドリディスタの望むために自分は取り組んでいく。

  • LINEで送る
#%/element%#
2018.06.15 03:27
記者会見
ロペテギ:昨日は人生のなかでも悲しい1日になったが、今日は幸せな日となった
ロペテギ:昨日は人生のなかでも悲しい1日になったが、今日は幸せな日となった

レアル・マドリード新監督に就任したジュレン・ロペテギ。
フロレンティーノ・ペレス会長のスピーチの後に「マドリディスタの望むもののために私は取り組んでいく」とマドリード監督としての所信表明を行い、「昨日は母親が亡くなった日以来の悲しい日となったが、今日は幸せな日になった」と語った。

 

ジュレン・ロペテギ

今日は感情的な一日だが、あまり感情的にならないことを願っている。
心からの気持ちだけを伝えたい。会長に感謝しているし、レアル・マドリードに本当に感謝している。
なぜなら、信頼を与えてくれたし、誇りと強さを持ってこの責任ある職務を受け入れたい。
どのクラブに来たのかわかっている。最大限の要求をされるクラブだ。ここにいられることは他にはない価値だ。
自分たちの持てる最高の力を出したいし、クラブの歴史にふさわしい戦いをしていくし、もっと素晴らしいものにしていくつもりだ。

 

やるべきことはたくさんある。
だが、この冒険をするための力があると思っている。
クラブを訪問したときからマドリードにある力とエネルギーを感じている。監督として必要なことだ。間違いなく成長していく上での力になるだろう。
この素晴らしい選手たちと共にさらなる頂きを目指していきたい。全てのタイトルを勝つことを願っている。

 

昨日は悲しい一日となった。母親が亡くなった日以来、悲しい日になったが、今日は人生の中で幸せな一日になった。
改めて全てに感謝したい。自分はマドリードの家族だと感じている。
本当にありがとう、マドリディスタの望むために自分は取り組んでいく。

  • LINEで送る