Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2018.06.01 14:50
マドリード通信
フロレンティーノ・ペレス会長「彼が戻ってくると自分は確信している。」
フロレンティーノ・ペレス会長「彼が戻ってくると自分は確信している。」

 

 

フロレンティーノ・ペレス会長
皆が想像するように、CLを新しく獲得した後だっただけに、
この決断は全く予想をしたものではなかった。
今日は間違いなく自分にとってそして選手達にとっても悲しい1日だ。
ジダンのことを監督としても愛していたし、できることならいつまでも自分の側にいて欲しかった。

ジズーのことを知るものは、”彼が決断をしたと言った時にできることは、その決断を受入れ、了承するしかない。
なぜなら、彼はそういう人物。
決断を知った時はとても大きな衝撃が自分の中にあった。
できることなら説得したかったが、彼のことを知っているし、唯一できることは愛情を見せること、後押しをすること、自分の了解を与えること、彼のことを覚えていくことだ。
例え彼がそれを知っていてもあらためて言いたい。
レアル・マドリードは貴方の家であり、いつまでも貴方の家族だ。

ライブレアルマドリード

誰もこんなニュースを伝えるための準備は出来ないもの。
昨日、初めて彼の家で会い、レアル・マドリードの監督を受け入れる準備が出来ているかを聞いた時のことを思い出した。
彼は自分にもちろん準備は出来ていると答えてくれた。成功することを確信していたし、そのとおり成功を収めた。
彼が手にしたものは皆もわかっているはずだ。

今は彼の働き、情熱、愛情、チームを指揮した間、レアル・マドリードのために尽力してくれたことに感謝していることを伝えると共に、彼の行動すべてが模範となるものであったことを伝えたい。
いつも自分が話したようにレアル・マドリードが持つ価値と共に行動をしてくれた。
一つだけ言いたいことは、ジズー、このお別れはまたすぐに会おうというもの。
なぜなら彼が戻ってくると自分は確信している。けど同じように彼には彼に相応しい休息が必要だ。

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2018.06.01 14:50
マドリード通信
フロレンティーノ・ペレス会長「彼が戻ってくると自分は確信している。」
フロレンティーノ・ペレス会長「彼が戻ってくると自分は確信している。」

 

 

フロレンティーノ・ペレス会長
皆が想像するように、CLを新しく獲得した後だっただけに、
この決断は全く予想をしたものではなかった。
今日は間違いなく自分にとってそして選手達にとっても悲しい1日だ。
ジダンのことを監督としても愛していたし、できることならいつまでも自分の側にいて欲しかった。

ジズーのことを知るものは、”彼が決断をしたと言った時にできることは、その決断を受入れ、了承するしかない。
なぜなら、彼はそういう人物。
決断を知った時はとても大きな衝撃が自分の中にあった。
できることなら説得したかったが、彼のことを知っているし、唯一できることは愛情を見せること、後押しをすること、自分の了解を与えること、彼のことを覚えていくことだ。
例え彼がそれを知っていてもあらためて言いたい。
レアル・マドリードは貴方の家であり、いつまでも貴方の家族だ。

ライブレアルマドリード

誰もこんなニュースを伝えるための準備は出来ないもの。
昨日、初めて彼の家で会い、レアル・マドリードの監督を受け入れる準備が出来ているかを聞いた時のことを思い出した。
彼は自分にもちろん準備は出来ていると答えてくれた。成功することを確信していたし、そのとおり成功を収めた。
彼が手にしたものは皆もわかっているはずだ。

今は彼の働き、情熱、愛情、チームを指揮した間、レアル・マドリードのために尽力してくれたことに感謝していることを伝えると共に、彼の行動すべてが模範となるものであったことを伝えたい。
いつも自分が話したようにレアル・マドリードが持つ価値と共に行動をしてくれた。
一つだけ言いたいことは、ジズー、このお別れはまたすぐに会おうというもの。
なぜなら彼が戻ってくると自分は確信している。けど同じように彼には彼に相応しい休息が必要だ。

  • LINEで送る
#%/element%#
2018.06.01 14:50
マドリード通信
フロレンティーノ・ペレス会長「彼が戻ってくると自分は確信している。」
フロレンティーノ・ペレス会長「彼が戻ってくると自分は確信している。」

 

 

フロレンティーノ・ペレス会長
皆が想像するように、CLを新しく獲得した後だっただけに、
この決断は全く予想をしたものではなかった。
今日は間違いなく自分にとってそして選手達にとっても悲しい1日だ。
ジダンのことを監督としても愛していたし、できることならいつまでも自分の側にいて欲しかった。

ジズーのことを知るものは、”彼が決断をしたと言った時にできることは、その決断を受入れ、了承するしかない。
なぜなら、彼はそういう人物。
決断を知った時はとても大きな衝撃が自分の中にあった。
できることなら説得したかったが、彼のことを知っているし、唯一できることは愛情を見せること、後押しをすること、自分の了解を与えること、彼のことを覚えていくことだ。
例え彼がそれを知っていてもあらためて言いたい。
レアル・マドリードは貴方の家であり、いつまでも貴方の家族だ。

ライブレアルマドリード

誰もこんなニュースを伝えるための準備は出来ないもの。
昨日、初めて彼の家で会い、レアル・マドリードの監督を受け入れる準備が出来ているかを聞いた時のことを思い出した。
彼は自分にもちろん準備は出来ていると答えてくれた。成功することを確信していたし、そのとおり成功を収めた。
彼が手にしたものは皆もわかっているはずだ。

今は彼の働き、情熱、愛情、チームを指揮した間、レアル・マドリードのために尽力してくれたことに感謝していることを伝えると共に、彼の行動すべてが模範となるものであったことを伝えたい。
いつも自分が話したようにレアル・マドリードが持つ価値と共に行動をしてくれた。
一つだけ言いたいことは、ジズー、このお別れはまたすぐに会おうというもの。
なぜなら彼が戻ってくると自分は確信している。けど同じように彼には彼に相応しい休息が必要だ。

  • LINEで送る