Live!Real Madrid
#%element:VISIBLE user_status="unknown"%#
#%/element%# #%cond mstatus="1" disp="1"%#
#%/cond%#
#%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="nomember,unknown"%#
2017.12.24 02:34
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける
セルヒオ・ラモス:クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける

大敗したクラシコ後にコメントしたセルヒオ・ラモス。

 

セルヒオ・ラモス

試合

前半良かったし、ボールを奪っていた。そして先制のチャンスを作っていた。だけど先制出来なかった。運も大事な要素だ。後半、同じ戦い方をした。前半の疲労の蓄積はあったし、後半リズムが少し落ちた。10人になった時にそれは凄く感じるようになった。ボールを回すのが好きなチームだしバルサ相手ではマンマークをした時人数が足りないのは痛感する。

 

リーガ

クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける。決して不可能ではないし可能性がある限りマドリードは戦い続ける。それが自分たちのDNA。難しくなったし誰かは無理だと言うが、自分たちは戦う。現実を見ることが大事だ。とても難しい状況だがマドリードは最後まで戦い続けることが義務だ。良い結果でオフを迎えたかったが、残念な結果となった。反響がどんなものかわかっているし、他の試合よりも今日の負けは痛いものだ。例え、同じ勝ち点3をかけた試合でもだ。けど、この敗戦は人達の糧に鳴るもの。しっかりとチームを成熟させ、2017年のような1年にするためにも。

 

敗戦

この敗戦は別に大きく影響しない。自分たちのしてきたことは変わらない。出来ることならサポーターの前で良い試合をして勝ち点を縮めて休暇に入りたかった。だが、それはできなかったし皆が辛い思いをしている。不可能なことはない。この試合はマドリードの歴史的な1年をかげらすものではない。

 

コバチッチ

自分にとってはコバチッチの起用は素晴らしいもの。スーパーカップでとても良い試合をしたし、今日もいいパフォーマンスを見せてくれた。素晴らしい前半を見せたし、メッシという偉大な選手を消していた。後半、全員のパフォーマンスが落ちた。

 

14点差

落としてはいけない勝ち点をおとしてきた。それはサッカーが拮抗したものであることのサインだし、バルセロナが躓くことを期待している。

 

落ちた後半

プランは何一つ変わっていない。カルバハルがいなくなったことでシステムをいじらなければいけなかった。なにより、前半の疲労の蓄積があったし、それが後半にでた。

 

メンバー補強

自分たち選手が決められることではないし仕事ではない。マドリードは素晴らしいメンバーがいる。この状況をひっくり返すメンバーがいる。

 

フィジカル

今日のような試合は疲労がいつもの2倍となるもの。相手陣内でボールを奪うことはスタミナを消費する。前半試合をコントロールしていたが、自分たちのパフォーマンスにふさわしいゴールを決められなかった。後半疲労がでたし、カルバハルの退場が大きかった。数的不利の状況はもっと差が出てきてしまう。

 

先制点

それぞれにそれぞれの仕事がある。怪我明けのコバチッチはスーパーカップの時と同じコンディションではない。今日は後半もっと疲れたと思う。誰かのせいにするのではなくチーム全体で責任を負うべき。

 

ロッカールーム

クラシコはいつもと違うものだし特別なもの。負けた時は落ち込むものだ。サッカーは良い意味でも悪い意味でもすぐに記憶を忘れる。次のことを考え進んでいくことが大事だ。

 

クラブW

影響があったとは思わない。良い試合をしたけど上手くいかなかったこともあるが、誰のせいだとかする必要はない。2017年の成功は皆のもの。今は得点力のなさとか精度を話す必要はない。

 

イスコ

それはジズーに聞いて。イスコを起用することで一つの事ができるし、コバチッチとは他のことができる。イスコではメッシをマークして消すことは出来ない。けどマテオは出来る。試合や相手によって起用は変わる。適した決断をしないといけない。

 

ルイス・スアレスへのファール

バルセロナではプッジデモンと一緒に刑務所に入れと言われるだろうね。競り合ってボールを奪った。けど、一度たりとも傷つけるような意図はもっていなかった。

 

バルセロナ

チームは変わっていない。自分たちは素晴らしい前半を見せた。プレーをうまくしていたけど、サッカーはこういうことが起こる。良いプレーをしてもゴールを決められない時がある。

 

ケイラー

補強するかどうかは選手が決めることではない。意見を聞かれることはあっても補強に口出しはしない。ロッカールームはケイラーとともにある。それにこのロッカールームは誰にも扉を開いている。けど、ケイラーは今日も幾つかのシーンで自分たちを救ってくれた。

 

03

2017年は終わった。これが失敗だというのであれば統計を見て欲しい。

 

クリスティアーノ

悲しいかどうかは彼に聞いて。ロッカールームは皆そうだ。

 

  • LINEで送る
#%/element%# #%funcparts:GET_USER_STATUS%# #%element:VISIBLE user_status="member"%#
2017.12.24 02:34
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける
セルヒオ・ラモス:クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける

大敗したクラシコ後にコメントしたセルヒオ・ラモス。

 

セルヒオ・ラモス

試合

前半良かったし、ボールを奪っていた。そして先制のチャンスを作っていた。だけど先制出来なかった。運も大事な要素だ。後半、同じ戦い方をした。前半の疲労の蓄積はあったし、後半リズムが少し落ちた。10人になった時にそれは凄く感じるようになった。ボールを回すのが好きなチームだしバルサ相手ではマンマークをした時人数が足りないのは痛感する。

 

リーガ

クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける。決して不可能ではないし可能性がある限りマドリードは戦い続ける。それが自分たちのDNA。難しくなったし誰かは無理だと言うが、自分たちは戦う。現実を見ることが大事だ。とても難しい状況だがマドリードは最後まで戦い続けることが義務だ。良い結果でオフを迎えたかったが、残念な結果となった。反響がどんなものかわかっているし、他の試合よりも今日の負けは痛いものだ。例え、同じ勝ち点3をかけた試合でもだ。けど、この敗戦は人達の糧に鳴るもの。しっかりとチームを成熟させ、2017年のような1年にするためにも。

 

敗戦

この敗戦は別に大きく影響しない。自分たちのしてきたことは変わらない。出来ることならサポーターの前で良い試合をして勝ち点を縮めて休暇に入りたかった。だが、それはできなかったし皆が辛い思いをしている。不可能なことはない。この試合はマドリードの歴史的な1年をかげらすものではない。

 

コバチッチ

自分にとってはコバチッチの起用は素晴らしいもの。スーパーカップでとても良い試合をしたし、今日もいいパフォーマンスを見せてくれた。素晴らしい前半を見せたし、メッシという偉大な選手を消していた。後半、全員のパフォーマンスが落ちた。

 

14点差

落としてはいけない勝ち点をおとしてきた。それはサッカーが拮抗したものであることのサインだし、バルセロナが躓くことを期待している。

 

落ちた後半

プランは何一つ変わっていない。カルバハルがいなくなったことでシステムをいじらなければいけなかった。なにより、前半の疲労の蓄積があったし、それが後半にでた。

 

メンバー補強

自分たち選手が決められることではないし仕事ではない。マドリードは素晴らしいメンバーがいる。この状況をひっくり返すメンバーがいる。

 

フィジカル

今日のような試合は疲労がいつもの2倍となるもの。相手陣内でボールを奪うことはスタミナを消費する。前半試合をコントロールしていたが、自分たちのパフォーマンスにふさわしいゴールを決められなかった。後半疲労がでたし、カルバハルの退場が大きかった。数的不利の状況はもっと差が出てきてしまう。

 

先制点

それぞれにそれぞれの仕事がある。怪我明けのコバチッチはスーパーカップの時と同じコンディションではない。今日は後半もっと疲れたと思う。誰かのせいにするのではなくチーム全体で責任を負うべき。

 

ロッカールーム

クラシコはいつもと違うものだし特別なもの。負けた時は落ち込むものだ。サッカーは良い意味でも悪い意味でもすぐに記憶を忘れる。次のことを考え進んでいくことが大事だ。

 

クラブW

影響があったとは思わない。良い試合をしたけど上手くいかなかったこともあるが、誰のせいだとかする必要はない。2017年の成功は皆のもの。今は得点力のなさとか精度を話す必要はない。

 

イスコ

それはジズーに聞いて。イスコを起用することで一つの事ができるし、コバチッチとは他のことができる。イスコではメッシをマークして消すことは出来ない。けどマテオは出来る。試合や相手によって起用は変わる。適した決断をしないといけない。

 

ルイス・スアレスへのファール

バルセロナではプッジデモンと一緒に刑務所に入れと言われるだろうね。競り合ってボールを奪った。けど、一度たりとも傷つけるような意図はもっていなかった。

 

バルセロナ

チームは変わっていない。自分たちは素晴らしい前半を見せた。プレーをうまくしていたけど、サッカーはこういうことが起こる。良いプレーをしてもゴールを決められない時がある。

 

ケイラー

補強するかどうかは選手が決めることではない。意見を聞かれることはあっても補強に口出しはしない。ロッカールームはケイラーとともにある。それにこのロッカールームは誰にも扉を開いている。けど、ケイラーは今日も幾つかのシーンで自分たちを救ってくれた。

 

03

2017年は終わった。これが失敗だというのであれば統計を見て欲しい。

 

クリスティアーノ

悲しいかどうかは彼に聞いて。ロッカールームは皆そうだ。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。

#%/element%#
2017.12.24 02:34
マドリード通信
セルヒオ・ラモス:クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける
セルヒオ・ラモス:クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける

大敗したクラシコ後にコメントしたセルヒオ・ラモス。

 

セルヒオ・ラモス

試合

前半良かったし、ボールを奪っていた。そして先制のチャンスを作っていた。だけど先制出来なかった。運も大事な要素だ。後半、同じ戦い方をした。前半の疲労の蓄積はあったし、後半リズムが少し落ちた。10人になった時にそれは凄く感じるようになった。ボールを回すのが好きなチームだしバルサ相手ではマンマークをした時人数が足りないのは痛感する。

 

リーガ

クラブの歴史、エンブレムは最後まで戦うことを義務付ける。決して不可能ではないし可能性がある限りマドリードは戦い続ける。それが自分たちのDNA。難しくなったし誰かは無理だと言うが、自分たちは戦う。現実を見ることが大事だ。とても難しい状況だがマドリードは最後まで戦い続けることが義務だ。良い結果でオフを迎えたかったが、残念な結果となった。反響がどんなものかわかっているし、他の試合よりも今日の負けは痛いものだ。例え、同じ勝ち点3をかけた試合でもだ。けど、この敗戦は人達の糧に鳴るもの。しっかりとチームを成熟させ、2017年のような1年にするためにも。

 

敗戦

この敗戦は別に大きく影響しない。自分たちのしてきたことは変わらない。出来ることならサポーターの前で良い試合をして勝ち点を縮めて休暇に入りたかった。だが、それはできなかったし皆が辛い思いをしている。不可能なことはない。この試合はマドリードの歴史的な1年をかげらすものではない。

 

コバチッチ

自分にとってはコバチッチの起用は素晴らしいもの。スーパーカップでとても良い試合をしたし、今日もいいパフォーマンスを見せてくれた。素晴らしい前半を見せたし、メッシという偉大な選手を消していた。後半、全員のパフォーマンスが落ちた。

 

14点差

落としてはいけない勝ち点をおとしてきた。それはサッカーが拮抗したものであることのサインだし、バルセロナが躓くことを期待している。

 

落ちた後半

プランは何一つ変わっていない。カルバハルがいなくなったことでシステムをいじらなければいけなかった。なにより、前半の疲労の蓄積があったし、それが後半にでた。

 

メンバー補強

自分たち選手が決められることではないし仕事ではない。マドリードは素晴らしいメンバーがいる。この状況をひっくり返すメンバーがいる。

 

フィジカル

今日のような試合は疲労がいつもの2倍となるもの。相手陣内でボールを奪うことはスタミナを消費する。前半試合をコントロールしていたが、自分たちのパフォーマンスにふさわしいゴールを決められなかった。後半疲労がでたし、カルバハルの退場が大きかった。数的不利の状況はもっと差が出てきてしまう。

 

先制点

それぞれにそれぞれの仕事がある。怪我明けのコバチッチはスーパーカップの時と同じコンディションではない。今日は後半もっと疲れたと思う。誰かのせいにするのではなくチーム全体で責任を負うべき。

 

ロッカールーム

クラシコはいつもと違うものだし特別なもの。負けた時は落ち込むものだ。サッカーは良い意味でも悪い意味でもすぐに記憶を忘れる。次のことを考え進んでいくことが大事だ。

 

クラブW

影響があったとは思わない。良い試合をしたけど上手くいかなかったこともあるが、誰のせいだとかする必要はない。2017年の成功は皆のもの。今は得点力のなさとか精度を話す必要はない。

 

イスコ

それはジズーに聞いて。イスコを起用することで一つの事ができるし、コバチッチとは他のことができる。イスコではメッシをマークして消すことは出来ない。けどマテオは出来る。試合や相手によって起用は変わる。適した決断をしないといけない。

 

ルイス・スアレスへのファール

バルセロナではプッジデモンと一緒に刑務所に入れと言われるだろうね。競り合ってボールを奪った。けど、一度たりとも傷つけるような意図はもっていなかった。

 

バルセロナ

チームは変わっていない。自分たちは素晴らしい前半を見せた。プレーをうまくしていたけど、サッカーはこういうことが起こる。良いプレーをしてもゴールを決められない時がある。

 

ケイラー

補強するかどうかは選手が決めることではない。意見を聞かれることはあっても補強に口出しはしない。ロッカールームはケイラーとともにある。それにこのロッカールームは誰にも扉を開いている。けど、ケイラーは今日も幾つかのシーンで自分たちを救ってくれた。

 

03

2017年は終わった。これが失敗だというのであれば統計を見て欲しい。

 

クリスティアーノ

悲しいかどうかは彼に聞いて。ロッカールームは皆そうだ。

 

  • LINEで送る

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。





※日本語が含まれない投稿はスパム判定となりますのでご注意ください。